その他

シークレットシューズ・ヒールで低身長を解消!注意・種類【まとめ】

落ち込む女の子

10代のうちは身長の伸びも個人差が大きいため、同年代でも頭1個分の身長差が出てしまうなんていうことはよくあることです。

身長は伸ばそうと思って伸ばせるものではありませんから、大きなコンプレックスとしてこれを抱えてしまうこともありますが、そんな時におすすめなのがシークレットシューズ・シークレットヒールです。

男女共に低身長に悩む子にはコンプレックス解消のための良いアイテムになってくれますから、憧れのスラッとしたスタイルを手に入れるために、ぜひ利用してあげてください。

Pick Up

成長途中の"小学生が飲むべき"
おすすめサプリ

アスミール

小学生は急激な成長にともない多くの栄養が不足します。この時期は身長が伸びる見逃せない大切な時期。そんな時期におすすめしたいのが「アスミール」。

不足栄養素をカバーして伸びやすい体作りをサポート。サプリ専門家がおすすめする"全ての小学生に飲んでほしい身長サプリ!(初回540円も魅力的♪)

今すぐチェックする
Pick Up

成長期真っ只中の
『中・高校生におすすめサプリ』

プラステンアップ

中学生、高校生は成長スパート期を迎え、人生の中で最も身長が伸びる時期です。そんな時期に必要となる栄養素は大人を越える量になります。

そんな栄養を1日たった1杯で補えるのが「プラステンアップ」。すっきりレモン味なので好き嫌いなく飲めます。中・高校生は身長が伸びる最後の時期。しっかりサポートしてあげましょう!

今すぐチェックする

シークレットシューズやシークレットヒールってなに?

虫眼鏡を覗く女の子

シークレットシューズ・シークレットヒールというのは、いわば上げ底になっている靴、ヒールのことです。

外から見える靴底・ヒールで高さを稼ごうとするとあからさま過ぎて格好がつきませんが、この種類の靴というのは、靴の中で上げ底がなされているので、見た目にはかかとの高い靴を履いているということは解りません。

例えば外からみて3cmほどしかない高さの靴でも、靴の内部でさらに3cm上げ底してあり、結果として6cm身長をごまかすことができます。

普通の靴に比べて非常にスタイリッシュに、こっそり身長を高く見せることが可能なため、大人はもちろん身長の低い子供にとってもありがたい存在となってくれるアイテムです。

大人に比べて子供のシークレットシューズ・シークレットヒールはまだまだ数が少ないですが、そのぶんスタンダードで使いやすいデザインのものが多いため、服装の好みに関係無く使いやすいといったメリットがあります。

学校に履いていけるスニーカーはもちろん、ちょっとしたお出かけに合わせやすいシンプルなものもあるため、いつもの1足として靴箱に揃えておくと重宝です。

子供のためのシークレットシューズは、運動量や活動の活発さなどを考えて、比較的上げ底の高さも低めなものが多いと言えるでしょう。

大人のアイテムの場合6cm以上の非常に高いものもありますが、子供だと3cm前後といった高さなのが一般的です。

身長が低いことをコンプレックスに感じている方は多い

アメリカの女性

年齢に関係無く、子供でも大人でも身長の低い人はそれを大きな悩みとして抱えていることが多いです。

席についておしゃべりをしている時や遊んでいる時というのは身長はさほど気になりませんが、ふと人と隣に並んだ時、写真を見て自分一人だけ頭の位置が低かったりすると、改めて「小さい」ということを意識してしまいがちです。

身長が低いことが健康に害を与えるということこそ無いものの、人によっては自尊心に大きな影響を及ぼすこともあるため、悩みを抱える人にとってはとても深刻な問題でしょう。

シークレットシューズはそういった人に自信を与え、身長だけでは無くメンタル面にも大きなプラスとなってくれるものですから、前向きに利用していくことをおすすめします。

大きすぎる背を縮めることはできませんが、小さな背は下から底上げすることが可能なので、身長が低いと悩む人は、賢くこれを活用してみてください。

シークレットシューズなら大人になっても簡単に身長を高くできる

足

10代のうちはまだまだ身長が伸びるチャンスがあるので、例え身長が低くとも、たんぱく質を積極的に摂ったり運動に励むことで、これからの伸びしろを期待することができます。

しかし20歳を超えてくると、もうそれ以上の大きな身長の伸びを期待することはできません。

望む身長に達しないまま大人になってしまうと、その後一生それをコンプレックスとして抱えていかなければならないことも多いですが、シークレットシューズはそういったどうすることもできない悩みを解決してくれる1つの手段です。

あとちょっと背が高くなればという願いを靴を履くだけで叶えることができてしまいますから、こんなにありがたいものは無いでしょう。

子供の場合はあと10cmなど望む数値も大きくなりがちですが、大人の場合はあと3~5cm大きかったらと望むことが多く、その程度の数値であれば、シークレットシューズで補うことが十分可能です。

子供の頃から活用できるのはもちろんのこと、シークレットシューズはむしろ大人になってからの方が活用度が高くなるアイテムとも言えます。存在を知っておくことで人生に大いに役立てていくことができるため、上手に役立ててください。

シークレットシューズの種類

チェックリスト

シークレットシューズには、ブーツ・スニーカー・革靴・ヒールといった種類があります。比較的多いのはブーツや革靴ですが、幅広い種類があるため性別や年齢、服装の好みに合ったものを利用することが可能です。

内側が特殊なデザインになっているため、いずれのタイプにおいても価格は一般的なものより高くなることがほとんどです。

しかし品物の質によって価格は様々変わりますから、スニーカーでも高いものはありますし、革靴でも安価なものもあります。

底上げがなされているため、比較的安定した履き心地を得られるのはブーツやスニーカーと言えます。逆に履き口が浅い革靴やヒールは安定感に欠けバランスを取りづらいことも多いため、注意して利用することが必要です。

ブーツ

ブーツ

ブーツ型のシークレットシューズは、履き心地が安定しているというのが最大のメリットになります。

シークレットシューズは底上げがなされるためどうしても足の重心が高くなり、普通の靴よりも不安定になりやすいといった問題がありますが、ブーツの場合はそもそも底が厚く、また造形がしっかりしているので安定した履き心地を得やすいです。

またシークレットシューズは靴の下半分に厚みが出やすく、品物によっては底上げがしてあることがバレやすいといったことがあるものの、ブーツはそういった点も目立ちにくいです。

ブーツ型の場合、他のタイプと比べてほとんど底上げがなされていることは気づかれませんから、人にばれずにこっそり利用したいといった人には一番向いていると言えるでしょう。

ただ、ブーツ型の場合他のタイプと比べてかなりしっかり作られているため、価格は比較的高いものが多いです。またゴツいといった特徴もあるので、コンパクトに履きたいといった場合にも問題があります。

スニーカー

スニーカー

スニーカータイプのシークレットシューズは、より日常で活用しやすいのが魅力です。各タイプの中で最も普段履きに向いており、通年を通して利用しやすいといったメリットがあります。

黒のシンプルなデザインなどを1足持っていると、服装も選ばず様々なコーディネートに活用できるでしょう。

種類もデザインも多いので、比較的自分の好みに近いアイテムを選ぶことができるのも、このタイプの魅力です。かわいいものもあれば、かっこいいものもあります。

履き心地もよく、安定感もあるため、最初の1足目として利用すると、シークレットシューズ独特の履き心地にも慣れやすいでしょう。

しかし、底上げやハイカットなどのデザインの都合があるため、スニーカーの魅力である軽さや動きやすさは損なわれるので、この点は心得ておく必要があります。

スポーツなどには当然向いていませんから、あくまでも「スニーカーのデザイン」ということをよく理解して活用していかなければなりません。

革靴

革靴

革靴タイプのシークレットシューズは、仕事やフォーマルなシーンでも利用することができるアイテムで、特に男性においては活用の幅が広く重宝します。

デザインも比較的シンプルでスタンダードなものが揃っており、普通の革靴とほとんど変わりなく利用することが可能です。

普通の革靴同様に利用することができますが、そもそもシークレットシューズは一般的な靴と比べても価格が高いのが1つのデメリットであり、普通のタイプでもある程度の値段がする革靴の場合は、一層高額になることも出てきます。

特に本革を使ったものなどは通常の倍以上の値段がするといったこともあるので、こういった点は理解しておきましょう。

ただもちろん革靴といってもピンからキリまで様々なものがあり、合成皮革のカジュアルなものであれば数千円でも購入することができます。

利用したいシーンと適したアイテムについてよく考えて、納得のいくものを選ぶことが大切です。

ヒール

ヒール

ヒールタイプのシークレットシューズは女性に限られたアイテムですが、そもそも女性の場合はハイヒールなどでオープンに身長をかさ上げしおしゃれを楽しめることから、このタイプのアイテムは非常に数が少ないです。

多くの場合は3cm前後のローヒールで、さらに靴の内側で多少の底上げがなされているといったアイテムです。

またウェッジソールのような船底型のデザインもありますが、いずれのアイテムにおいても安定感が悪く、慣れていないと足をくじきやすいといったデメリットもあります。

そもそもヒール慣れしていないという人には、履きこなすのが難しいアイテムとも言えるでしょう。基本的にヒールタイプのアイテムは、高く見せたいけれどハイヒールが苦手といった人が選択することが多いです。

底上げ高が同じでも、一般的なハイヒールに比べればシークレットシューズタイプの方が安定感はあるので、こういった理由で選ぶものと理解しておきましょう。

他人にバレないシークレットシューズの選び方と注意点

教師

シークレットシューズを選ぶ場合には、サイズ感、見た目のスタイリッシュさ、バランスなどに気をつけていきましょう。

やはりこれを利用するということは身長にコンプレックスを感じているということであり、身長が小さいということはもちろん、シークレットシューズを愛用していることについても、あまり人には知られたくないものです。

他人にバレないということを考えてアイテム選びをすると、普通の靴と変わらない見た目、スタイリッシュなデザインでゴツさなどにも違和感が無く、安定感がありバランス良く履けて歩く姿にも違和感が無いということが大切です。

これらの部分に違和感があると必要以上に足元に視線を集め、シークレットシューズを利用しているということがバレてしまいやすいですから、気をつけましょう。

また当然シークレットシューズも靴ですから、普通の靴選びと同様に、靴の中の隙間の感覚などについても注意していくことが必要です。

体と靴のバランスを意識して選ぼう

教師

シークレットシューズはその構造上、どうしても普通の靴と比べてボリューム感が出やすいです。デザインによってはスニーカーでもブーツに近いシルエットのものもありますから、アイテムを選ぶ際には良くバランスを考えて購入することが大切です。

またシークレットシューズは、利用する人の身長が低く、靴のサイズ感が大きいため、履いた時の全体のバランスについても意識して選ばなければなりません。

履いた時に靴の存在感がありすぎてしまうとどうしても目を引きますし、それでシークレットシューズとバレてしまうこともあるので気をつけましょう。

ブーツタイプの場合にはそもそものデザインがゴツめであるためあまり違和感が無いことが多いですが、スニーカータイプだとかなりボリュームのあるデザインもあるので特に注意が必要です。

中でもハイカットタイプは幅も高さもでますから、気をつけましょう。

バランスを意識して上手に靴選びをするためには、必ず履いて姿見で身体とのバランスを見る、黒などの暗めの色を選択してその効果で少しでも靴を小さく見せられるようにするといった風にしていきましょう。

この点に気をつけていくと、見た目の違和感にはほとんど問題が出てこなくなります。

つま先に大きな隙間ができないサイズを選ぶ

運動する子供

シークレットシューズは靴底全体が上がっているものもありますが、基本的にかかと部分で底上げがなされています。

そのため、サイズを誤り大きめのものを選んでしまうと、かかとの高さで足が前に滑り、つま先が当たってしまうということが出てくるので注意してください。

靴選びを行う際は、足幅や甲の高さに余裕を持たせて少し大きめのサイズを選ぶという人も多いでしょう。しかしサイズを足幅や甲に合わせて選んでしまうとつま先に大きな隙間ができやすく、足が前滑りしやすくなります。

立っている時に違和感は無くとも、歩いてみると必ず問題が起こるので気をつけてください。

履いてみてつま先部分を押した時に大きな隙間が無い、必ず歩いて滑らないことを確認するということが重要なので、この点は必ずチェックするようにしましょう。

前滑りを気にしすぎてあまりピッタリのサイズを買うと、今度はキツくて足が痛いといったことにもなってきます。

普通の靴同様に指1本程度の隙間があるものを選び、滑りが気になるようであれば中敷きで調整するといった方法を取るのがベストな選択なので、快適に履きこなせるよう工夫をしてみてください。

高さを求めすぎない

ストップする医者

履くだけで身長を底上げできるというのがシークレットシューズの最大のメリットです。そのためこれを利用する場合には、少しでも高さが出せるものを選びたいと考えがちです。

シークレットシューズの中には10cm近く底が上がったものもありますから、こういったものを選べばいくらでもなりたい身長になれるでしょう。

しかし、あまり高さを求めてしまうと安定感や安全性の面に問題が出てきますから、この点については十分注意しなければなりません。

あまり高く上げ底された靴だと、作りこそ違うとはいえ、同じ高さのハイヒールを履いているような不安定さが出てきます。

特に男性の場合はあまり高さのある靴に慣れていませんから、履き心地、歩き心地には違和感を感じるようになるでしょう。

また不安定であるがために変な歩き方をして足を痛めたり、くじいてしまう可能性もでてきます。やはり靴は安全で快適に利用できなければなりませんから、これを忘れて高さを優先してしまうといったことが無いよう気をつけてください。

シークレットシューズは6cmを超えてくると履き心地が大幅に不安定になってきますので、高さを重視する人の場合はこれを1つの基準としてより良いものを選んでいけるようにしましょう。

靴の種類によって足の甲が痛くなりやすいものがある

医者が人差し指を立てている

シークレットシューズは底上げがなされているぶん、靴の中の甲の高さが狭くなりがちといった特徴があります。そのため足の甲が高い人は、デザインによってとても履き心地が窮屈になるといった問題が出てくるので注意しましょう。

シークレットシューズはその構造上、外見の見た目と履き心地のゆったり感に大きなギャップがあります。

見た目にゆっくりと大きい印象があっても、履いてみたらぴったりとフィットした履き心地といったことも珍しくありませんから、甲高、幅広といった足をしている人は十分心得て靴選びを行わなければなりません。

特にブーツや革靴など、素材が固いタイプのシークレットシューズは、足の甲が痛くなりやすいといった傾向があります。

履いた時は平気でも、長距離を歩くと足がむくんで痛くなったり、履いていられないほど窮屈に感じるといったこともでてくるため、こういったことについてもよく理解しておくことが大切です。

普通の靴とは違い、独特の履き心地があるということを理解しておかないと上手な靴選びはできませんから、特に甲や幅に特徴のある足をしている人は、靴の種類や素材、伸縮性などについても気を使っていきましょう。

抵抗ある方はインソール(中敷)で背を高く見せる

中敷きと靴

履くだけで簡単に背を高く見せられるシークレットシューズは、背の低さに悩んでいる人にとってとても頼りになるアイテムです。しかしやはり底が高い靴は苦手、履いているのが恥ずかしいなど、利用に抵抗がある人もいるでしょう。

そういった人の場合には、無理してシークレットシューズを履くのでは無く、インソールを利用して高さを出すといった方法をとるのもおすすめです。

インソールには1cmほどの厚みのものもあり、こういったものを活用すれば、いつもの靴でも少し身長をかさ増しすることができます。

インソールについてはシークレットインソールという専用のアイテムがあるので、上手に役立ててみてください。

かかとが高い「シークレットインソール」は女性&男性に人気

笑顔の男の子

シークレットシューズはデザインや履き心地が満足できず選択に至らないといったことも、実際には多いです。

自分の気に入ったデザインや履き心地を優先し身長アップを諦めてしまう人はたくさんいますが、シークレットインソールはまさにそういった問題を解決できる、画期的なアイテムと言えるでしょう。

シークレットインソールは普通のインソールのかかとが厚く高くなっているものなので、これを利用すればいつものお気に入りの靴があっという間にシークレットシューズに変身します。

1つ持っていれば様々な靴に使いまわせるのでコスパも良く、大変重宝します。

かかとが高いシークレットインソールは男女共に非常に人気が高いアイテムで、様々なタイプのものが販売されています。

女性らしい可愛らしいデザインのものから、長く履いても潰れにくい丈夫なものまで多種多様なので、より使いやすいものを探してみてください。

ハイヒール・パンプス用のシークレットインソールもある

ヒール

シークレットインソールには様々なタイプがあるので、靴の種類に合わせて適したものを利用することも可能です。

女性の場合はハイヒールやパンプスを愛用することも多いですが、これらの靴専用のシークレットインソールもありますから、利用する場合にはこちらを選択した方が良いと言えるでしょう。

ハイヒールやパンプスは普通の靴と比べてつま先の形や反りが独特なので、専用のものを利用した方がフィット感が良く、より安定します。

ハイヒールやパンプスはそもそもヒールがある程度高くなっているため、シークレットインソールの必要性に疑問を持つ人もいるかもしれません。

しかしあまりヒールが高すぎる靴を選ぶと足が痛くなる、足をくじきやすくなるといった問題も出てきます。

そういったことを考えると靴底を上げることでより安定した高さを出せるシークレットインソールの方が、有意義に利用していくことができるのです。

革靴用のシークレットインソール(中敷)は男性に人気

革靴

シークレットシューズのタイプとして革靴は非常に一般的なアイテムですが、やはり男性となるとよりこだわりを持って靴を選ぶ人も多いので、愛用の靴にシークレットインソールをセットし、シューズの代用とすることも少なくありません。

そのため、革靴用のシークレットインソールは圧倒的に男性用のアイテムが多いと言えます。

普段革靴を愛用している人で身長が低いことをコンプレックスにしているのであれば、シークレットインソールは非常に有意義に利用できるでしょう。

いつものシューズで高さが出せることはもちろん、長く履きこんでも潰れにくい丈夫な材質、消臭効果が付いたものなど、高い活用度で利用していくことができます。

革靴用のシークレットインソールはとてもスタンダードなタイプであるため、革靴はもちろんスニーカーやブーツ型にも代用できることが多いです。

1つ持っていると大変重宝するため、最初のシークレットインソールはこれを選択すると間違いないでしょう。

シークレットシューズ利用の芸能人一覧

女の子

身長の悩みというのは世間一般に限らず、芸能人においても抱えている人が多いです。

芸能人は俳優、ミュージシャン、アイドルなど様々なタイプがありますが、いずれにおいてもイメージが非常に大切になってくる職業であるため、身長が低いと印象が大きく異なり、仕事にも影響が出てきます。

特に男性芸能人においては身長が低いのは深刻な問題で、ビジュアルの良さを売りにしている人ほど高身長のスラッとしたかっこ良さを求められがちです。

顔が良いのに背が低いとなると人気にも大きく影響してくるので、それを補うためにシークレットシューズを利用している人は少なくありません。

シークレットシューズを利用していることで有名なのはまず、俳優の藤木直人さんです。トーク番組でモデルの司会さんと並ぶことからそれに合わせてシークレットシューズを履いていることが多く、番組によって身長が異なるとも言われています。

またアイドルグループのキスマイフットツーの北山宏光さんもシークレットシューズを利用していることで知られています。北山さんの場合はシューズではなくシークレットインソールを利用していることを、バラエティ番組で公表していました。

この他、嵐の大野智さん、ミュージシャンのガクトさん、俳優の木村拓哉さんなども、シークレットシューズを利用しているのではないかと言われています。

常に愛用をしている人もいれば、共演者との画面の映りのバランスを考えて時々利用しているといった人もいるので、各々の利用の目的はまちまちと言えるでしょう。

しかしこのように、華やかな芸能界で羨望の眼差しを向けられて活躍している人たちもまた、当たり前のようにシークレットシューズ、シークレットインソールを利用しているわけです。

そのため、身長に悩む一般の人がこれらを利用することも、決して恥ずかしいことでは無いのです。おしゃれの延長として、気軽に利用できるアイテムと捉えて、活用していってください。

まとめ

メモ

シークレットシューズと聞くと、低い身長をごまかすための恥ずかしいアイテムというイメージを浮かべてしまう人もいるかもしれません。

しかしそのイメージというのは一昔前の発想で、今は俳優やアイドルなどの芸能人においても、当たり前にシークレットシューズやシークレットインソールを利用している時代です。

靴の種類やデザインなども非常に豊富になってきているため、シークレットシューズは普通の靴と同じように、おしゃれに利用することもできます。

シューズに抵抗があるならインソールがおすすめ

シューズに抵抗があるのであれば、シークレットインソールを活用することでより気軽にコンプレックス解消を図っていけるので、賢く活用してみてください。

ただ履くだけで簡単に身長が伸ばすことができるわけですから、低身長に悩むのであれば、これを利用しないのは絶対に損です。

シークレットシューズ・インソールはただ身長を底上げするだけでは無く、コンプレックスを解消し自分に自信を持つことができるといったメリットもありますから、ぜひ心身両方のために、上手く役立てていきましょう。

大人はもちろん子供向けのアイテムも充実していますから、日常はもちろん思い出の写真などでも身長を気にせず済むよう、利用させてみてください。