身長サプリの種類

『ウイダーインゼリー』子供の成長にどう?サプリ専門家が徹底評価!

ウィダーインゼリー

この記事の監修担当

日本ニュートリション協会公認

サプリメントアドバイザー

手軽に栄養補給ができると大人気の「ウイダーインゼリー」。

簡単に栄養補給ができるとのことですが、子供の成長に必要な栄養素はどれだけ含まれていて、どの種類がおすすめなのか分析していきます。

ウイダーインゼリーは身長サプリとしても飲むことはできるのか、サプリメントアドバイザーが評価します。ぜひ購入前の参考にしてみてください。

Pick Up

成長途中の"小学生が飲むべき"
おすすめサプリ

アスミール

小学生は急激な成長にともない多くの栄養が不足します。この時期は身長が伸びる見逃せない大切な時期。そんな時期におすすめしたいのが「アスミール」。

不足栄養素をカバーして伸びやすい体作りをサポート。サプリ専門家がおすすめする"全ての小学生に飲んでほしい身長サプリ!(初回540円も魅力的♪)

今すぐチェックする
Pick Up

成長期真っ只中の
『中・高校生におすすめサプリ』

プラステンアップ

中学生、高校生は成長スパート期を迎え、人生の中で最も身長が伸びる時期です。そんな時期に必要となる栄養素は大人を越える量になります。

そんな栄養を1日たった1杯で補えるのが「プラステンアップ」。すっきりレモン味なので好き嫌いなく飲めます。中・高校生は身長が伸びる最後の時期。しっかりサポートしてあげましょう!

今すぐチェックする
PICK UP
身長サプリが並んだ画像

※JNFは日本ニュートリション協会のことです。

子供の成長期は一度きり!
必要な「栄養」足りてますか?

成長途中の子供はビタミンやミネラルなど多くの栄養素が必要です。そんな栄養素を簡単に補給できる身長サプリ(子供用サプリ)を専門家が評価!わが子にあったものをチョイスしましょう。

【総合評価】ウイダーインゼリーを専門家が採点した結果

サプリメントアドバイザー

先にウイダーインゼリーの総合評価を発表したいと思います。総合評価は以下になります。

基準 点数(5点満点中)
安全性 【★★★・・】3点
飲みやすさ 【★★★・・】3点
価格 【★★★・・】3点
口コミ 【★★★★・】4点
総合評価 【★★★・・】3点

ウイダーインゼリー4種類を総合評価すると身長サプリとしては栄養素は物足りない結果となりました。

ただ、ビタミン類の補給や腹持ちの良さなど良い所もありました。普段おやつの時間にお菓子を食べているのであれば、ウイダーインゼリーのほうがおすすめできます。

成長に必要な栄養素は多く、大人より必要になる時期もあります。特にカルシウム不足は深刻です。

成長促進を目的にするなら専門家が品質をチェックした身長サプリ全評価一覧から選んでください。

身長サプリが並んだ画像

【専門家監修】身長サプリ徹底採点(2019)全評価を一挙公開!

早見表!身長サプリ評価順【上位10選】 ★★★★★ アスミール ……続きを読む

飲みやすさはほとんど満点といえる内容でしたので、安心してお子さんに飲ませることができます。

1個あたりの価格が高めになっているので、毎日飲ませるとなるとかなり費用が高くなります。家計の負担にならないように計算して購入してください。

ウイダーインゼリーをおすすめしたいお子さん

サプリメントアドバイザー推奨の身長サプリ

ウイダーインゼリーは種類によって栄養成分が違います。そのため、栄養成分からそれぞれの種類ごとにおすすめしたい方を載せていきます。

  • エネルギー:痩せ気味の子供
  • マルチビタミン:野菜をあまり食べない子供
  • マルチミネラル:牛乳や魚介類を食べない15歳以上の子供
  • プロテイン:スポーツをしている子供

エネルギーもスポーツをしている子供におすすめですが、どちらかというとホエイペプチドが含まれたプロテインのほうがおすすめです。

味に飽きたらエネルギーに変えてあげるといいでしょう。

マルチミネラルは栄養機能食品のため、15歳未満の子供が摂取すると過剰摂取になるかもしれません。

そのため、15歳未満の子供は飲まないほうがいいでしょう。どうしても飲むのであれば、2日に分けるなどのお子さんの年齢にあった量に調節してあげてください。

ウイダーインゼリーが向いていないお子さん

ウイダーインゼリーは種類によって摂れる栄養素が違い、自分に合った種類を選ぶことができますのでおすすめできない方はいません。

無理矢理挙げるとしたら「ゼリーが苦手な方」ぐらいでしょう。

種類によってはアレルギー表示成分が含まれているので、購入前にきちんと確認してから購入しましょう。

【体験レビュー】ウイダーインゼリーを購入してみた

買い物

近くのドラッグストア「ココカラファイン」でウイダーインゼリーを4種類購入してきました。

ウイダーインゼリーは現在(※2018年3月30日の時点)8種類と期間限定の1種類で、合計9種類販売されています。

その中でも、最も見かけることが多い「エネルギー」「マルチビタミン」「マルチミネラル」「プロテイン」の4種類を購入しました。

公式サイトによると販売ルートが全ルートとなっているので、ドラッグストア以外にもスーパーやコンビニ、ホームセンターなどでも購入することができます。

お店によっては置いていない種類があるかもしれないので注意してください。

オンラインストアでも購入することができるので、置いていない種類がほしいのであればそちらから購入するといいでしょう。

ウイダーインゼリーを実際に飲んでみた感想

ウィダーインゼリー

パッケージは色で種類が分けられており、大きく摂れる栄養成分が書かれているのでわかりやすいです。

裏面で具体的な栄養成分表や原材料、注意点などが詳しく表記されているのですが、栄養成分表のところにストローが通っているので少し見づらくなっています。

栄養補給を目的とした商品なので栄養成分は最も大切なところです。そこが見えづらくなっているのは少し残念ですね。

とはいえ文句をつけられるのはそこだけで、他は全て分かりやすいので特に問題ありません。

ニオイ・味

4種類それぞれ味の通り、「エネルギーはマスカット」「マルチビタミンはグレープフルーツ」「マルチミネラルはグレープ」「プロテインはヨーグルト」の香りがしました。

プロテインのヨーグルトは牛乳などの乳製品が苦手なお子さんだと好き嫌いが出るかなと思いました。

4種類それぞれ飲んでみたところ、どれも美味しく飲むことができました。お子さんの好みによりますが、マスカット味とグレープ味は特に子供も美味しく飲めると思います。

飲みやすさ(総評)

「10秒チャージ」と手軽さをアピールしているだけあって、美味しく簡単に飲むことができました。

また、手軽に持ち運べて、どこでも飲むことができますので、飲みやすさは文句なしで満点と言えます。

販売会社「森永製菓株式会社」とは?


ウイダーインゼリーを販売している会社はお菓子で有名な「森永製菓株式会社」です。

森永製菓は会社設立が1910年と100年以上の歴史があり、従業員数は1300名を超える大企業です。ココアで有名な森永乳業とは別の会社ではありますが兄弟会社で、モリナガグループを形成しています。

森永製菓は子供達の心と体のすこやかな成長を応援するために色々な取り組みを行っており、食育体験や自然体験、スポーツ体験などが実施されています。

また、小さな子供だけでなく、高等学校での取り組みや世界カカオ財団に加盟をするなど幅広く取り組みが行われています。

企業としての実績や取り組みなどから極めて安全性の高い企業だと判断できます。

サプリ専門家が『ウイダーインゼリー』を徹底検証

チェック

  1. 飲みやすさ
  2. 安全性
  3. 口コミ
  4. 価格

上記4つのポイントを用いてウイダーインゼリーを評価していきます。

また、身長サプリとして飲むのに良いのか、どれが子供に一番向いているのかも評価していくので参考にしてみてください。

「1.飲みやすさ」については既に体験レビューで説明したので、ここからは安全性、口コミ、価格の順に調査していきます。

『原材料・栄養成分・添加物』の安全性

マルトデキストリン、果糖ぶどう糖液糖、マスカット果汁、ゲル化剤(増粘多糖類)、乳酸Ca、クエン酸、V.C、クエン酸Na、香料、塩化K、乳化剤、パントテン酸Ca、ナイアシン、V.E、V.B1、V.B2、V.B6、V.A、葉酸、V.D、V.B12

果糖ぶどう糖液糖、グレープフルーツ果汁、ゲル化剤(増粘多糖類)、乳酸Ca、クエン酸、香料、V.C、クエン酸Na、塩化K、乳化剤、パントテン酸Ca、ナイアシン、V.E、V.B1、V.B2、V.B6、V.A、葉酸、V.D、V.B12

グレープ果汁、砂糖、水あめ、乳酸Ca、クエン酸、ゲル化剤(増粘多糖類)、硫酸Mg、香料、塩化K、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、乳化剤、グルコン酸銅

果糖ぶどう糖液糖、砂糖、ホエイペプチド(ホエイたんぱく質分解物)、安定剤(大豆多糖類)、クエン酸、ゲル化剤(増粘多糖類)、乳酸Ca、香料、乳化剤、塩化K、甘味料(スクラロース)、パントテン酸Ca、葉酸、V.B6、V.B1、V.B2、V.B12、(原材料の一部に乳成分を含む)

4種類のウイダーインゼリーで共通して使われている原材料は安全か解説していきます。

ゲル化剤(増粘多糖類)

ゲル化剤とは果汁や生クリームなどの液体をゼリー状に固体化させるために使われるものです。ウイダーインゼリー以外のゼリーにも必ずといっていいほど使われています。

ゲル化剤は大きく分類すると豚や牛などから作る「タンパク質系」と、寒天やペクチンなどから作られる「糖質(多糖類)系」の2つに分けられます。(※1)

ウイダーインゼリーでは増粘多糖類と表記されているので糖質系となります。寒天やペクチンなど数種類を混ぜて作られているのですが「増粘多糖類」と一括表記されているため、使われている種類がわかりません。

種類が分からないのは残念ですが、安全性については全く問題ありません。ペクチンなどの糖質系は自然にも存在するので安全ですが、摂りすぎには注意しておきましょう。

香料

香料は食品に香りをつける、もしくは増強するために使われます。香料を使うことで食欲の増加や美味しそうだと感じるさせる、いやな臭いを消すなどのメリットがあります。

「合成香料は危険だ!」とよく言われていますが、それは摂り過ぎたときの話で基本的には摂取したからといって健康に影響を及ぼす可能性は低いです。

そもそも摂取すると健康に影響を及ぼすなら、国が使用を禁止にしています。しかし、使用を許可しているということは、危険ではないと判断できます。

また、摂りすぎた場合は危険といいましたが、香料は多く使うとニオイがキツくなってしまうので量が少ないことがほとんどです。そのため摂りすぎになる可能性も低いでしょう。

以上のことから安全性には問題ないと判断できます。

ただ、私としては香料は使わなくてもいいと考えているので、使われていることに残念です。

ここは人によって評価が分かれるところだと思います。気にしないのであればそのまま摂取すればいいですし、安全だとわかっても気にするのであれば避けたほうがいいでしょう。

塩化K

原材料で「塩化K」と書かれていると危険そうな感じがしますが、これは体内で重要な役割をもっているミネラルの「カリウム」のことをいいます。

カリウムは体内で神経系の伝達や筋肉の収縮、体液のバランスなど多くの体内機能で重要な働きをします。(※2)

カリウムはたくさん摂りすぎなければ基本的には安全です。しかし、高用量のカリウムを摂取すると、灼熱感や全身衰弱、麻痺、倦怠感などを引き起こす可能性があります。(※2)

4種類の総評(原材料の安全性について)

4種類のウイダーインゼリーの原材料を見るかぎり、子供が摂取すると危険なものは使われていないので、安心して飲ませれます。

甘味料など、危険といわれている添加物が気になる方もいると思いますが、これらは摂りすぎなければ基本的には問題ありません。

毎日お菓子とジュースをたくさん飲食している子供は注意しなければいけませんが、毎日きっちりと3食食べて、おやつも食べ過ぎていないのであれば危険性は低いでしょう。

成長に必要な栄養成分を徹底調査

4種類のウイダーインゼリーそれぞれの栄養成分を見ていき、どれが身長サプリとして良いのか判断したいと思います。

※ウイダーインゼリーは栄養成分が「〇~〇μg」となっています。ビタミン・ミネラル類は時間が経つにつれて減少するので、下限値と上限値を表示しているとのことです。

エネルギー

商品の配合量 厚生省の推奨摂取量 平均摂取量 耐容上限量 評価
カルシウム(mg) 0 1000(男) 678(男) なし ×
800(女) 610(女)
タンパク質(mg) 0 65(男) 75.4(男) なし ×
55(女) 64.8(女)
亜鉛(mg) 0 10(男) 9.2(男) なし ×
8(女) 7.9(女)
マグネシウム(mg) 0 360(男) 232(男) なし ×
310(女) 209(女)
ビタミンD(μg) 0.42~1.7 5.5(男) 7.1(男) 80
5.5(女) 5.9(女)

「エネルギー」はおにぎり一個分のエネルギーを補給することを目的とした商品です。特に子供の成長に必要な栄養素を見てみると、ビタミンDしか摂ることができません。

ビタミン類が豊富に含まれているのですが、カルシウムなどが入っていないので身長サプリとしてはあまり向いていません。

エネルギー補給には優れているので、普段ご飯を食べる量が少ない子もしくはスポーツをしている子におすすめです。

マルチビタミン

商品の配合量 厚生省の推奨摂取量 平均摂取量 耐容上限量 評価
カルシウム(mg)  0 1000(男) 678(男) なし ×
800(女) 610(女)
タンパク質(mg) 0 65(男) 75.4(男) なし ×
55(女) 64.8(女)
亜鉛(mg) 0 10(男) 9.2(男) なし ×
8(女) 7.9(女)
マグネシウム(mg) 0 360(男) 232(男) なし ×
310(女) 209(女)
ビタミンD(μg) 1.7~7.0 5.5(男) 7.1(男) 80
5.5(女) 5.9(女)

マルチビタミンは1食分以上のビタミン10種類と、1日分以上のビタミンCを摂ることができます。

「エネルギー」よりもカロリーが抑えられ、ビタミン類をたくさん摂ることができます。こちらもカルシウムなどが入っていないので、身長サプリとしては向いていません。

ビタミン類がたくさん入っているので、普段牛乳をしっかりと飲んでいるけど、野菜を全く食べないお子さんにおすすめです。

マルチミネラル

商品の配合量 厚生省の推奨摂取量 平均摂取量 耐容上限量 評価
カルシウム(mg)  233 800(男) 678(男) なし
650(女) 610(女)
タンパク質(mg) 0 65(男) 75.4(男) なし ×
55(女) 64.8(女)
亜鉛(mg) 2.3 10(男) 9.2(男) なし
8(女) 7.9(女)
マグネシウム(mg) 35 360(男) 232(男) なし
310(女) 209(女)
ビタミンD(μg) 0 6.0(男) 7.1(男) 80 ×
6.0(女) 5.9(女)

量が少し足りませんが、マルチミネラルは子供の成長に必要な栄養素を3つ摂ることができます。そのため、マルチミネラルが身長サプリとして飲ませるのにいいでしょう。

ただ、栄養機能食品のため乳幼児、小児は摂取を避けるように注意されています。小児の定義が少し曖昧なんですが、医薬品などでは15歳未満を指します。

そのため、上記の表は15歳以上の推奨摂取量となっています。

15歳以上からの摂取となるのですが、表を見てもらえば分かるとおり女の子はカルシウムの摂取量を満たすことができますが、男の子は足りていません。

そのため、食事でカルシウムを少し追加する必要があります。

プロテイン

商品の配合量 厚生省の推奨摂取量 平均摂取量 耐容上限量 評価
カルシウム(mg) 60 1000(男) 678(男) なし
800(女) 610(女)
タンパク質(mg) 5 65(男) 75.4(男) なし
55(女) 64.8(女)
亜鉛(mg) 0 10(男) 9.2(男) なし ×
8(女) 7.9(女)
マグネシウム(mg) 0 360(男) 232(男) なし ×
310(女) 209(女)
ビタミンD(μg) 0 5.5(男) 7.1(男) 80 ×
5.5(女) 5.9(女)

「プロテイン」は運動後の回復と次の食事までのタンパク質補給を目的とした商品です。プロテインには「ホエイペプチド」と「クエン酸」が配合されています。

ホエイペプチドとは牛乳由来のタンパク質で、牛乳の中にわずかに含まれた質の高いタンパク質です。多くのプロテイン製品で使われています。

ホエイペプチドはタンパク質に比べて消化吸収性に優れ、アミノ酸のバランスも整っています。実際に人で行った摂取試験で筋肉の回復がより促進されやすいことが示唆されています。(※3)

クエン酸は科学的データは不十分ですが運動能力の向上と、食欲の制限により体重減少に有効であると考えられています。(※4)

このことから15歳未満のお子さんには4種類の中ならプロテインがおすすめです。ただし、体重減少の働きがあるかもしれないので、痩せ気味のお子さんは注意が必要です。

販売会社が取り組む安全性【危険性対策】

品質管理

ウイダーインゼリーを販売している森永製菓の工場はGMPではなかったのですが、食品安全システムに関する国際認証規格「FSC22000」を取得しています。

「FSC22000」とは異物混入や食中毒などの重大な食品リスクを最小化するための規格です。

食品の安全を守るために具体的な項目が多く、たとえば「ポケットのない作業服を着る」「施設へのアクセス管理をする」といったものが200項目近くあります。

この規格は消費者の安全と安心を守るためにあるものなので、GMPではないのが少し残念ですが、それでも十分に安全性は高いと判断できます。

ウイダーインゼリーの口コミ&評判

口コミと評判

高校生の息子の部活用に購入しました。
毎回部活のトレーニング後に、飲んでいます!
ヨーグルト味で飲みやすいようです。
粉末タイプのものと比べ、割高ではありますがトレーニング直後、直ぐ飲めるという点がお手軽で大変重宝しています。

食欲のない時やスポーツの後に飲んでいました。
マスカット味で、さっぱりとしています。

鉄分補給として手軽さ、飲みやすさで購入。冷やして飲むと最高です。

スポーツをしている子どものために購入している親御さんがたくさんいました。手軽に栄養補給ができるとほとんどが高評価でした。

ウイダーインゼリーの価格チェック

価格とコスパ

通常購入(市販) 3,888円(税込・18個)
定期購入 3,499円(税込・送料無料・18個)
送料 600円(税込)
定期購入の回数縛りの有無 なし
返金保証の有無 なし
お試しの有無 なし

ウイダーインゼリーの価格は4種類全て同じでした。公式通販での購入は18個セットからの購入のみとなっています。

通常購入でも2つセットで5%オフ、3つ以上で8%オフの割引があります。ただ、それならば定期購入にして10%オフのほうがお得です。

1個あたりの価格は、通常購入の送料込みで「約4,500円」として計算すると1個「250円」です。

定期購入だと「約3,500円」として計算すると1個「約194円」となりました。通常と定期で約50円も違いが出てきます。

Amazonや楽天・市販でも購入できる?

ウイダーインゼリーは公式通販以外でも購入することができるのか調べてみました。

  • Amazon:1,098円(エネルギー・マスカット味・6個入り)
  • 楽天:976円(エネルギー・マスカット味・6個入り)
  • 市販:954円(エネルギー・マスカット味・6個購入時)

Amazonと楽天では種類とお店によって価格が違ってくるので、気になる種類があれば一度調べることをおすすめします。

市販での購入は1つ「159円」でした。価格を比較しやすいように、6個購入したときの価格を載せています。

【おすすめ】最安値でお得に購入する方法

最安値で購入する方法

最安値でお得に購入する方法は市販の「954円」です。送料を含めるとAmazonと楽天は市販の倍近くの値段になるでしょう。

ただ、まとめて購入するのであれば、公式の定期購入がお得です。また公式で購入した場合、なにかトラブルがあっても迅速に対応してもらうことができます。

そのため、数個程度の購入なら市販、10個以上のまとめ買いなら公式通販がおすすめです。

まとめ

ウイダーインゼリーを4種類まとめて評価してみました。飲みやすさはどれも飲みやすく、子供も好き嫌いなく飲むことができるでしょう。

栄養成分では子供の成長をサポートする身長サプリとして評価すると、正直どれもあまりおすすめできる内容ではありませんでした。

4種類の中から選ぶとしたら15歳未満のお子さんには「プロテイン」、15歳以上のお子さんには「マルチミネラル」がいいでしょう。

ウイダーインゼリーは成長のサポートよりも、スポーツをした後の栄養補給として飲ませるほうがいいでしょう。

私としてはおやつの代わりにするのが一番おすすめです。腹持ちがよく、栄養も補給できるので、ご飯までの繋ぎとして優れています。

おやつの時間にお菓子ばかり食べているのであれば、一度ウイダーインゼリーに変えてみてもいいかもしれませんね。

参考文献