子供の成長豆知識

【危険】子供にエナジードリンクを飲ませるな!副作用で死亡事例も…

エナジードリンク

飲み物はいろんな種類のものが発売されており、選択肢はとても多くなりました。昔と違い、お茶でも何種類もありますし、コーヒーや炭酸飲料、果汁飲料など選り取り見取りです。

数年前からエナジードリンクという飲み物が発売されるようになりました。エナジードリンクは栄養ドリンクとは違い、清涼飲料水に分類されます。アルギニンやカフェイン、ナイアシンなどの成分が含まれており、飲むと仕事や勉強の効率が上がると言われている飲料です。

エナジードリンクは複数のメーカーが発売していますが、含まれている成分はほとんど変わりありません。含まれる成分の量が若干違うくらいです。

子供がエナジードリンクを飲むのはあまり推奨されていませんが、それはなぜなのか、どの成分が良くないのかを解説していきますので参考にしてください。

Pick Up

成長途中の"小学生が飲むべき"
おすすめサプリ

アスミール

小学生は急激な成長にともない多くの栄養が不足します。この時期は身長が伸びる見逃せない大切な時期。そんな時期におすすめしたいのが「アスミール」。

不足栄養素をカバーして伸びやすい体作りをサポート。サプリ専門家がおすすめする"全ての小学生に飲んでほしい身長サプリ!(初回540円も魅力的♪)

今すぐチェックする
Pick Up

成長期真っ只中の
『中・高校生におすすめサプリ』

プラステンアップ

中学生、高校生は成長スパート期を迎え、人生の中で最も身長が伸びる時期です。そんな時期に必要となる栄養素は大人を越える量になります。

そんな栄養を1日たった1杯で補えるのが「プラステンアップ」。すっきりレモン味なので好き嫌いなく飲めます。中・高校生は身長が伸びる最後の時期。しっかりサポートしてあげましょう!

今すぐチェックする

エナジードリンクとは

ジュースを飲む女の子

エナジードリンクはもともと海外にあったもので、日本には約10年前に上陸しました。そしてあっという間に人気のドリンクとなっていったのです。

エナジードリンクは医薬品ではなく食品に属し、清涼飲料水になります。タウリンやカフェイン、ビタミン類が含まれているので、飲むと何となく元気になったような気がします。そのため、徹夜をする前や何となくやる気が出ない、からだがだるい、重いといった時に飲むと効果的だと言われるのです。

海外で発売されているエナジードリンクと、国内発売されているものとは含まれている成分に多少の違いがあります。海外では「合成タウリン」の使用が認められているので成分に含まれていますが、日本では認められていないため含まれません。

合成タウリンの代わりとして、アルギニンが使用されています。日本国内で販売されているエナジードリンクにはアルギニンを使っているものが多く見られます。

栄養ドリンクとエナジードリンクの違いは、疲労を回復させたい時に飲むのが栄養ドリンク、これから頑張らないといけない時に飲むのがエナジードリンクです。

クラブやバーではエナジードリンクが販売されていて、栄養ドリンクを置いていないところが多いのは、夜を楽しみたい人向けなのでエナジードリンクが適しているのです。

子供への影響に注意!エナジードリンクに含まれる成分一覧

チェック

エナジードリンクがどんな飲み物かわかったと思いますが、この飲み物を子供が飲んだ場合、どう影響するのでしょう。

エナジードリンクの中に含まれる成分について、それぞれどんな働きがあるのか、それを子供が摂取したらどんな影響があるのかをまとめています。

  • カフェイン
  • アルギニン
  • 砂糖やブドウ糖
  • ビタミンB群

子供に与える前にエナジードリンクの成分や働きを知っておき、与え過ぎないように気をつけたいものです。

【成分1】カフェイン

エナジードリンクにはカフェインが含まれています。カフェインはエナジードリンクだけでなく、いろいろな飲み物に含まれている成分です。また、医薬品にも使用されています。

カフェインはどのような働きをする成分なのでしょうか。カフェインの主な働きは脳を目覚めさせる、疲労の回復や利尿作用、脂肪燃焼効果です。カフェインを摂ることで作業効率をアップさせたり、気分転換、頭痛にも効果があります。

子供がカフェインを摂るのはあまり良くないと言われていますが、それはなぜでしょうか。子供がカフェインを摂ると交感神経が刺激され、興奮状態になります。そのため「眠れない」「テンションが高くなる」「心拍数が速くなる」といった症状を引き起こします。

大人と比較して子供は感受性が高いため、カフェインの影響が出てしまいやすいのです。子供でも個人差がありますが、基本的に子供がカフェインを摂取すると交感神経が刺激されてしまいますので、夜眠れなくなって質の良い睡眠が取れなくなります。そうすると成長ホルモンの分泌が阻害されて発育が遅れる可能性があります。

しかし、これらは摂り過ぎると起こることで、カフェインを含んだものを水を飲むように沢山摂取しなければ、心配することはありません。

【成分2】アルギニン

エナジードリンクにはアルギニンが含まれています。アミノ酸の一種なのですが、アミノ酸には必須アミノ酸と非必須アミノ酸があり、アルギニンは非必須アミノ酸になります。非必須アミノ酸は体内で生成できるものの、その量が少ないため、食品などから摂取しないといけないのです。

アルギニンはどんな働きをし、体にどのような効果があるのでしょうか。まず、成長ホルモンの分泌を促します。これは、病気にかかりにくい体を作ったり、傷の治りを早くする効果が期待されます。免疫力がアップする働きもあるのです。この他に、疲労回復効果や生活習慣病の予防、肌荒れを防ぐ効果があります。

子供の成長にはアルギニンの摂取が勧められていますが、過剰に摂取するのは良くありません。子供の身長を伸ばすのにはアルギニンが必要と言われているのですが、だからといってサプリメントなどで大量に摂取すると腹痛や下痢、胃が荒れるといった副作用が起こります。

毎日の食事で摂取していれば過剰摂取になることはありません。ただ、サプリメントやエナジードリンクなどで大量に摂取し続けると副作用が起こるので注意しましょう。

また、アルギニンで身長が伸びるといった内容の情報も出回っていますが、科学的証拠はまだありません。気になる方は以下の記事で詳しく解説しています。

嘘情報に要注意!『アルギニンで身長が伸びる』に騙されないで!

[pickup] アルギニンとは? アルギニンとは自然にも存在するア……続きを読む

 

【成分3】砂糖やブドウ糖

清涼飲料水などに必ず含まれているのが砂糖やブドウ糖です。もちろんエナジードリンクにも含まれています。砂糖はショ糖の通称で、サトウキビやサトウダイコンから作られ、甘みも強めです。そして希酸や酵素に加水分解され、果糖とブドウ糖へと変化します。砂糖は果糖とブドウ糖が合わさったもので、ブドウ糖は砂糖の一部の単糖になります。

ブドウ糖は砂糖に比べて甘さは弱く、あっさりしています。粒子も細かくてサラサラの形状です。ブドウ糖がどのような働きをするかですが、脳や筋肉を正常に動かします。特に脳の働きを正常にするためには、ブドウ糖は絶対に欠かせない栄養素です。

もし砂糖やブドウ糖が不足したらどうなるのでしょうか。これらが不足すると低血糖になる可能性があります。低血糖とは血液中のブドウ糖の濃度が低くなってしまうことを言います。

低血糖になる原因の一つが糖分の摂りすぎです。子供がたくさん甘いものを摂ると血糖値は上がります。それを下げるためにインスリンもたくさん分泌され、一気に血糖値が下がってしまい、低血糖になるのです。

子供はつい甘いものをたくさん摂ってしまう傾向があるので、エナジードリンクなどの飲み物は控えるようにしないといけないのです。

【成分4】ビタミンB群

ビタミンB群というのは以下8つになります。

  • B1
  • B2
  • B3(ナイアシン)
  • B5(パントテン酸)
  • B6、B7(ビオチン)
  • B9(葉酸)
  • B12

ビタミンBはまとまってチームとして働くため、例えばビタミンB6単体で摂取するよりも、まとめて摂取した方が体内でしっかり働くと言われています。

ビタミンB群は体内で酵素の働きを助け、脂質や糖質、タンパク質の代謝を行うなど、生命活動に関わるものです。不足すると様々な不調をきたすため、栄養ドリンクやエナジードリンクに含まれています。

日々の食事からビタミンB群を十分摂取できている人は少なく、サプリメントやドリンク剤で補給すると良いとされています。注意するのは過剰摂取で、特にビタミンB6、B9(葉酸)、B3(ナイアシン)は過剰に摂取すると体に影響がありますので要注意です。

子供が摂取する分に関しては特に決まりはありませんが、エナジードリンクなどで摂取するのは摂りすぎになる可能性があるので、注意が必要です。子供は食材から摂るのが一番で、もしそれでも不足するようなら子ども用のサプリメントを使うようにすると良いでしょう。

ビタミンB群を子供が摂取しても、標準量なら問題はありません。

子供がエナジードリンクを飲む危険性&副作用

エナジードリンク

エナジードリンクには頭がすっきりするように、眠くならないようにするためにカフェインが入っています。仕事や勉強でもうひと頑張りしない、といけない時に使う人が多いでしょう。

エナジードリンクは清涼飲料水に分類されますが、含まれているカフェインの量などを見ると、かなりの量が入っていることが分かります。これを子供が飲んだらどうなるか、危険性と副作用は知っておき、できれば飲ませないようにした方が良いでしょう。

子供がカフェインをたくさん摂った場合はどうなるのか、どんな恐ろしい副作用が起こるのかを知り、子供にはなるべく飲ませないようにしましょう。

ここでは子供がエナジードリンクを飲んだ時、どんな副作用が起こったのか、どんな危険な目に合うのかをまとめましたので、家庭でもエナジードリンクを子供に飲ませる時には十分に注意してください。

砂糖の過剰摂取による肥満と虫歯に注意

最近の子供はおやつに恵まれています。何でも揃うのでいろんなおやつを食べてしまい、砂糖をたくさん摂っていると考えられるでしょう。砂糖の摂りすぎは体に様々な悪影響を及ぼします。

それが肥満と虫歯です。おやつに糖分を多く含んだお菓子を食べたり、のどが渇いた時に砂糖をたくさん含む炭酸飲料や清涼飲料水を飲むことで肥満になります。また、砂糖の摂りすぎは肥満だけでなく虫歯にもなりやすくなります。

虫歯菌は糖分を取り込み、酸を出します。その酸によって歯が溶かされ、その結果虫歯になります。特に子供の乳歯のエナメル質は永久歯の半分ほどしかないため、虫歯になりやすいのです。

エナメル質が簡単に溶けてしまうので、気づいた時にはかなり虫歯が進行して穴が開き、そこに食べ物などが詰まって歯の根っこまでダメージを受けてしまいます。こうなってしまうと永久歯にも影響してくるので注意が必要です。

また、肥満は成長期を早めてしまうという話をご存知でしょうか。小学生で肥満の子供は、身長が高い傾向があります。これは皮下脂肪の酵素が出すホルモンが、骨の成長を促すためだと言われています。しかし、肥満だと成長ホルモンの分泌が悪くなるので、成長期が早く来てもその後成長しないという結果になるのです。

副作用が酷い!エナジードリングで子供の死亡例も…

エナジードリンクは若者を中心に人気となっている清涼飲料水です。海外では日本より早く市場に出回っており、前から人気がありましたが、日本でも最近は急激にエナジードリンクの市場が拡大されてきました。

エナジードリンクとは、炭酸を配合した飲み物で、アスパラギン酸やアルギニンなどが入っており、いかにも体に良い効果が出そうな成分も含まれています。そしてカフェインも含まれているため、頭がすっきりする効果もあるものです。

清涼飲料水ですから毎日飲んでも問題がないものですが、子供が飲む場合には十分な注意が必要と言われています。それは、子供が飲むと重大な副作用を起こすことがあるからです。実際、海外では子供がエナジードリンクを飲んで死亡した例があります。

エナジードリンクには比較的多くのカフェインが含まれており、カフェイン中毒になる可能性があると考えられています。エナジードリンクで起きた事故を検証していき、副作用の有無について考えていきましょう。

日本で死亡例は?20歳男性で死亡事故発生

海外ではエナジードリンクを飲んで子供が死亡した例があります。日本ではどうなのでしょうか。小学生くらいはあまり飲用している子供はいないようですが、中学生、高校生になると試験前や部活の試合前などにエナジードリンクを飲むケースが見られます。

エナジードリンクでトラブルが起きるのは、含まれているカフェインが原因だと考えられています。栄養ドリンクなどにもカフェインは含まれているものの、エナジードリンクに比べると少ないのであまり気にすることはないのですが、エナジードリンクは多いため、常用すると中毒を起こすのです。

日本では子供のエナジードリンクが原因の死亡例はありません。しかし、2015年にはエナジードリンクを日常的に飲用していた20歳の男性がカフェイン中毒で死亡という事故がありました。(参照:農林水産省「カフェインの過剰摂取について」)

この男性は深夜から早朝にかけての勤務だったため、眠気覚ましのためにエナジードリンクを常用していたのです。

国内でカフェイン中毒による死亡という例はほぼなかったため、このニュースは衝撃的でした。この後、エナジードリンクの飲み方について注意喚起がされるようになったのです。

【海外の死亡例】アメリカの14歳少女が毎日2本飲み死亡

アメリカでは子供の死亡例があります。14歳の少女がエナジードリンクを24時間以内に2本飲み、カフェイン中毒による不整脈で死亡したのです。エナジードリンク2本で死亡するのかと思いますが、この少女は常用していたと言われています。

少女が飲んだエナジードリンクは、700ml入りを2本です。これだけ飲むとカフェインは480mg摂取したことになります。この数値は350mlのコーラ14本分にもなるカフェイン量です。

エナジードリンクにはコーラの10倍以上、コーヒーの3倍以上ものカフェインが含まれています。カフェインは摂取すると眠気や疲労感が消え、思考力が増し、運動能力もアップします。そのため気分がすっきりして疲労が回復したように感じるのです。

また、カフェインは毎日飲み続けると耐性ができるのも厄介なところです。だいたい1週間前後で耐性ができ、半日から1日経つと禁断症状を感じるため、常用につながってしまいます。

もし今エナジードリンクを常用している子がいるなら、すぐにでも飲用を控えるように指導しましょう。子供はご飯をしっかり食べて適度な運動をし、たっぷりの睡眠を取ることが一番なのです。

事故にならない場合でも異変を起こす恐れあり

ダンベルを持った外国の男の子

死亡事故が出たエナジードリンクですが、このような事故が起きないにしても、子供が摂取すると何らかの異変を起こしてしまう可能性があります。小児の場合は以下の摂取量に注意です。

20mg/kg程度で頻回嘔吐など何らかの症状が出現すると考えられる
(中略)
80~100mg/kgで重篤な中毒症状を示す。

有名なエナジードリンクのモンスターエナジーだと500mlで160mg、レッドブルは250mlで80mgのカフェインが含まれています。栄養ドリンクにも含まれていますが、それでも1瓶あたりで50mgくらいですから、エナジードリンクよりも少なめです。

コーヒーだと150ccで100mgくらい、エスプレッソは濃いのでカフェインが多いのではと思われていますが、カップが小さいため普通のコーヒーと変わりません。

日本茶(玉露)は160mg、番茶は15mg、紅茶だと30mgです。エナジードリンクを一度に2本も3本も飲めば、カフェインの過剰摂取であることは一目瞭然でしょう。

上記でも説明していますが、子供の場合は6歳だと50mg、10歳で80mg、12歳だと100mgのカフェインを摂れば、何らかの症状が出る可能性があるとされています。これらの年齢の子供が、ジュース代わりにエナジードリンクを飲んだらどうなるかは明らかです。

死亡事故までならなくても、中毒症状を起こしてしまう可能性が高いので、子供のエナジードリンクの飲用には慎重にならなければいけません。

米国小児科学は子供にエナジードリンク非推奨

エナジードリンクが発売されて長いですが、アメリカの小児科学会ではカフェインの過剰摂取になる可能性が高いと飲用を勧めていません。

いろんな種類の飲み物が発売され、好きなものを選べるようになっているため、子供もエナジードリンクを飲む機会が増え、カフェインの摂取量が増えていると問題視しているのです。

子供はエナジードリンクにカフェインが含まれていることを知らずに飲んでいる可能性が高く、周囲の大人が気をつけてあげることが大切です。子供(10代)の場合、1日に100mgまで、大人なら500mgまでにするようにしましょう。子供の場合、エナジードリンクを1本飲むだけで摂取許容量を超えるので、やはり積極的に飲むことは推奨されません。

大人の場合でも1日に500mgまでにしておくこととなっていますので、エナジードリンクを一度に2本飲んだりするのは危険です。エナジードリンクは1本しか飲まないという場合でも、その他にコーヒーや紅茶、緑茶を飲んでいるのなら、カフェインを摂取していることになるので過剰摂取となる可能性があります。

エナジードリンクは甘い飲み物ですから子供にも飲みやすく、常飲してしまうケースが多いのですが、カフェインだけでなく糖分の摂りすぎにもなるので、子供にはなるべく飲まさない方が良いでしょう。子供の死亡例があるアメリカでは非推奨としているので、このことはこれから世界へ発信されていくことでしょう。

エナジードリンクの商品そのものを否定するわけではないですが、子供に対してはやはりおすすめできる飲料ではないのです。

海外はエナジードリンクに対して対策を実施

厚生労働省

先程も触れたように、14歳の少女がエナジードリンクを飲んでカフェイン中毒になり、結局亡くなったケースが海外でありました。彼女がカフェイン中毒になり病院に運ばれる前に飲んだエナジードリンクで摂取したカフェインの量は、480mgになります。

こういったことから、海外ではエナジードリンク類の表示について改善されるようになってきました。「高カフェイン含有」のみの表示でしたが、これだと具体的には分からないので、150mg以上のカフェインを含有する飲み物には子供や妊婦、授乳中の人には推奨しないという表示をすることが義務付けられたのです。

エナジードリンクの危険性をどのようにして知らせれば良いか、子供にも理解しやすいように説明し、納得した上で飲むのを控えてもらうようにするのはどうすれば良いかを海外では考え始めています。

米国医師会は若者への販売を禁止するロビー活動

エナジードリンクは疲労回復や眠気覚ましの効果があり、上手く利用すればとても良い飲み物です。ただ、一度飲んでみたところ良い効果があったため何本も飲む若者が増え、死亡事故まで起こってしまいました。

エナジードリンクにはカフェインが比較的多く含まれています。このことをあまり知らずに購入して飲む若者がおり、カフェイン中毒になる人が増えたのです。

このままではエナジードリンクを飲みすぎて命を落とす若者が増えてしまうと考えた米国医師会では、若者にはエナジードリンクの販売を禁止しようというロビー活動を行いました。実際に、いくつかの州ではこれを実行しようと検討しています。

しかし、もしこれが世界に広まればエナジードリンクの広告が禁止される恐れがあり、売り上げが落ちる可能性もあります。エナジードリンクメーカーはモータースポーツのスポンサーになっているところが多いのですが、スポンサーから降りる可能性も出てきました。

若者にとってエナジードリンクに含まれるカフェインは摂取するには多い量なので、どれくらい含まれているのかを理解し、カフェイン摂取量を守るようにしていきましょう。

欧州(ドイツ)では18歳未満の子供に販売禁止

エナジードリンクを飲み過ぎた子供が、死亡してしまったり中毒症状を起こして病院に運ばれたりするケースが増えてきたことから、外国では子供にエナジードリンクを販売しないような動きになってきています。

エナジードリンクには高濃度のカフェインが含まれており、これを摂取した子供の健康を害する恐れがあります。実際に死亡例もあるために、欧州では18歳未満の子供にはエナジードリンクの販売を禁止する流れが起こっています。(参照:国民生活センター「海外ニュース」)

アメリカでも若者に対してエナジードリンクの販売を禁止にしようというロビー活動を医師会が行っており、そういう方向で進めている州もあります。禁止だと決めてもらう方が、子供の親たちも子供に飲ませないように気を配るのではないかと考えられます。

子供を守るためにも、一定の年齢までは禁止にしてもらった方が良いのかもしれません。

リトアニアは18歳未満の若者に対して販売を禁止

高濃度のカフェインが含まれているエナジードリンクは、子供が飲むと中毒症状を起こす可能性があり、最悪の場合は死亡することもあるので注意が必要と言われています。アメリカでは子供の死亡例があり、海外では子供に対するエナジードリンクの販売を見直す流れになってきています。

アメリカでは医師会が若者への販売を禁止しようというロビー活動を行っていますし、欧州では18歳未満の若者には販売を禁止しようと検討されています。実際に、リトアニアでは18歳未満の子供には販売が禁止されることが決定しました。

お酒が飲める年齢が各国で決められているように、エナジードリンクを飲める年齢も決めるようにすればわかりやすいですし、決まりも守りやすいのではないかと思われます。

リトアニアで若者には販売しないようになってから、エナジードリンクでの事故は減ったのかどうかも確認する必要がありそうです。

まとめ

エナジードリンクが発売されて何年か経ち、その市場は急激に拡大されてきました。日本にもエナジードリンクが入ってきて10年くらいになるのですが、最近になって売り上げが伸びています。

そんなエナジードリンクですが、仕事や勉強を頑張りたい時やスポーツの大会で良い成績をあげたい時に飲むと良い効果があると言われています。

しかし、エナジードリンクにはカフェイン含有量が多いために、たくさん飲むとカフェインの過剰摂取となり、中毒症状を起こす危険があります。中毒症状がひどい場合は死亡することがあるので注意が必要なのです。

海外では子供の死亡例もあり、子供には販売を禁止しようという流れになってきています。実際に禁止している国もあり、「ただの清涼飲料水」とは言えないものとなっています。

大人でも一度に数本を毎日飲んでいるとカフェイン中毒を起こす可能性があるものですから、子供には販売しない、飲ませないようにした方が良いかもしれません。子供が疲労回復やパフォーマンスの向上などのためにエナジードリンクに頼るのは良くないことで、食事を三食しっかり食べ、適度に運動をし、ぐっすり眠ることが一番良いのです。