子供の成長豆知識

子供の成長に必要な『ビタミンB2』を多く含む食品&料理一覧

うなぎ

日々の食事の中で数十品目の食品が含まれた料理をするのは、非常に難しいところです。これは、仕事を持っているお母さんならなおのことで、料理の苦手なお母さんも厳しいのではないでしょうか。

子供の成長に必要な栄養素の1つとして挙げられるのは、ビタミンB2です。ビタミンB2を効率的に摂取するためには、ビタミンB2が多く含まれている食品を使った料理を食べることです。

では、ビタミンB2が多く含まれている食品というと思いつくでしょうか。カルシウムなど有名な栄養素であれば、思いつきやすいですが、ビタミンB2はよく知らない方も多いです。どんな食品に多いのか知れば、料理もしやすくなるでしょう。

Pick Up

成長途中の"小学生が飲むべき"
おすすめサプリ

アスミール

小学生は急激な成長にともない多くの栄養が不足します。この時期は身長が伸びる見逃せない大切な時期。そんな時期におすすめしたいのが「アスミール」。

不足栄養素をカバーして伸びやすい体作りをサポート。サプリ専門家がおすすめする"全ての小学生に飲んでほしい身長サプリ!(初回540円も魅力的♪)

今すぐチェックする
Pick Up

成長期真っ只中の
『中・高校生におすすめサプリ』

プラステンアップ

中学生、高校生は成長スパート期を迎え、人生の中で最も身長が伸びる時期です。そんな時期に必要となる栄養素は大人を越える量になります。

そんな栄養を1日たった1杯で補えるのが「プラステンアップ」。すっきりレモン味なので好き嫌いなく飲めます。中・高校生は身長が伸びる最後の時期。しっかりサポートしてあげましょう!

今すぐチェックする

どのような食品にビタミンB2は多く含まれるのか?

食品一覧

ビタミンB2が多く含まれる食品の代表といえば、レバーです。あまり好きではない方もいるかもしれませんが、レバーにはビタミンB2だけではなく、様々な栄養が豊富に含まれているので、それ1品だけでたくさんの栄養を摂取できる食品です。

それから、うなぎにもビタミンB2が豊富に含まれています。うなぎといえば、土用の丑の日の料理で食べるという方も多いことでしょう。あまり好きではない子供もいるかもしれませんが、成長のためにぜひ摂取してほしい食品です。

普段から食べる食品の中でビタミンB2を多く含んでいる食品といえば、卵や納豆です。卵なら手軽に料理に使えますし、納豆だと調理も要らないので、簡単に摂取できるのではないでしょうか。

手軽に摂取できる食品でいえば、乳製品もそうではないでしょうか。乳製品にも、ビタミンB2が多く含まれています。

乳製品は、そのまま摂取できるものもありますし、料理に調味料としても使えるので、ビタミンB2を簡単に摂取したいときの強い味方です。

上記の他には、葉菜類にもビタミンB2が多く含まれています。葉菜類といえば、キャベツや白菜、レタスなどでしょうか。葉っぱを主に食べる野菜にも、ビタミンB2は豊富に含まれているので、料理でできるだけ使いたいところです。

ビタミンB2は糖質をエネルギーに変える・成長期に不足する栄養素

貧血で悩む女の子

なぜビタミンB2が子供の成長に必要なのかというと、糖質や脂質、たんぱく質をエネルギーに変える際に必要になるからです。

つまり、エネルギーを生成する素となる糖質や脂質、たんぱく質をたくさん摂取しても、ビタミンB2を摂取しないとエネルギーを生成しにくくなります。

しかも、子供の成長期にはエネルギーがたくさん必要になります。からだが成長している過程なので、必要量も増えるのです。ビタミンB2が不足すると、エネルギーの生成も減少するので、子供の成長が阻害される恐れがあります。

ビタミンB2というと、意識して摂取しないと不足しがちな栄養素です。野菜をたくさん食べればしっかり摂取できるというわけではありません。つまり、野菜嫌いかどうかに関わらず、摂取不足になりやすい栄養素なのです。

そこから考えると、ビタミンB2は多く含まれている食品を積極的に料理に取り入れる必要があります。成長期の子供はビタミンB2が多く必要になることを考えると、9歳よりも10歳の方が必要量は多くなるでしょう。

つまり、これまでの食事のとり方では、不足する可能性が高くなるのです。それによって、ビタミンB2が不足している子供もいます。したがって、子供の成長と共に、よりビタミンB2が含まれている食品を選ぶことが重要です。

ビタミンB2は骨質の改善に効果を示している

教師

ビタミンB2が子供の成長に関わる栄養素であるのは、エネルギーの生成に関わっているからだけではありません。なんと、骨質を改善するのにも、ビタミンB2が必要になるのです。

そもそも、良い骨とはコラーゲンとカルシウムの体積比が1:1のものです。つまり、コラーゲンの架橋が強い骨こそ、良い骨であるといわれています。

しかし、このコラーゲンの架橋が阻害される物質が、からだの中でつくられることがあります。それが、ホモシステインです。

このホモシステインというのは、アミノ酸の1種であるメチオニンが代謝されるときに生み出される物質です。ホモシステインが血中に増えすぎると、骨におけるコラーゲンの架橋の阻害をします。

ビタミンB2は、ホモシステインが正常に代謝するように、一役買うのです。

ホモシステインの血中濃度を正常化するビタミンとしてビタミンB6・B12・葉酸といったB群ビタミンがある。

したがって、子供の骨に強く成長してほしいのであれば、ビタミンB2を意識的に摂取することが重要になります。ビタミンB2を多く含んでいる食品を料理に取り入れることは、良い骨をつくるのにも通じていくのです。

ビタミンB2不足は子供の成長障害や口内炎の怖れあり

お腹を押さえる女の子

ビタミンB2を多く含んでいる食品を料理に取り入れる量が少なくなるとどうなるのかというと、子供の成長障害を引き起こしたり、口内炎を引き起こしたりします。

なぜなら、ビタミンB2には、からだの成長を促進したり、粘膜を保護したりする働きがあるからです。

そのため、成長途中にある子供については、からだ完成した大人よりも多くの量のビタミンB2を摂取した方が良いと推奨されています。これは、健やかに子供の成長を促すためです。

成長障害を引き起こすと、単純に成長が止まるだけではなく、本来ならば成長すべき機能が成長しなくなります。成長障害は治療可能ですが、ホルモン投与するなどしなければならないので、子供にとっても負担が大きくなるでしょう。

ビタミンB2が不足するようになると、すぐに見た目として現れるのが、口内炎です。よく「口内炎になるのはビタミンが不足しているせいだ」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

ビタミンといっても、様々な種類があるところですが、口内炎ができるのはビタミンB2不足が原因であることが多いです。そのため、口内炎の治療のために病院を訪れた際には、ビタミンB2が含まれている薬を処方されるでしょう。

もし、子供の口の中に口内炎ができていたら、ビタミンB2不足を疑った方が良いです。口内炎ができている段階では、直ちに成長障害を引き起こすわけではないので、いつもより意識的にビタミンB2を含んでいる食品を料理に取り入れるとよいです。

ビタミンB2を多く含んだ食品一覧

チェックリスト

一口に「ビタミンB2を多く含んだ食品を子供の成長のために積極的に料理に取り入れましょう」と言われても、実際にどんな食品に多く含まれているのか知らなければ、意識的に摂取することは難しいです。

「私は栄養士じゃないんだからそんなに栄養管理できない」なんて方もいることでしょう。しかし、どこのご家庭のお母さんでもプロではないので、すべての食品の栄養素を知る必要はありません。

ビタミンB2を多く含んでいる食品を少しでも知っていれば、「最近、この食品を食卓に出していないからビタミンB2が不足しているかも」と気づけるようになります。それだけでも、意識的な摂取につながるのです。

これから紹介する5つは、毎日この5つを摂取しなければならないわけではなく、この5つの食品をベースにして献立を考えて料理をつくるだけでも、ビタミンB2の意識的な摂取ができるようになるでしょう。

レバー

お肉

1つ目は、「レバー」です。レバーについては少し前述しましたが、レバーはビタミンB2を多く含んでいる食品の中でもダントツの含有量です。なので、毎日ではなくてもいいけれど、定期的に料理に使えたら、子供の成長にも役立つでしょう。

一口にレバーといっても、鶏や牛、豚がありますが、中でも豚のレバーがビタミンB2を最も多く含んでいます。その含有量は100gあたり3.6mgです。

次いで含有量が多いのは牛のレバーで、100gあたり3mgですから、豚と大差はありません。

鶏のビタミンB2の含有量は、100gあたり1.8mgです。豚や牛と比べると2分の1の量ですが、ビタミンB2を含んでいる他の食品と比べると多い方です。

糸引き納豆

納豆ご飯

2つ目は、「糸引き納豆」です。納豆にはビタミンB2がたくさん含まれていることを前述したところですが、中でも糸引き納豆は含有量が多いです。

納豆は料理しなくても毎日のように食卓に並べられる食品なので、お母さんたちにとっても手軽なのではないでしょうか。

糸引き納豆のビタミンB2の含有量は、100gあたり0.56mgです。糸引き納豆の良いところは、他の栄養素もしっかりと摂取できることです。意識的に摂取しないと不足しがちな葉酸などのビタミン群が豊富に含まれています。

納豆は加熱することによって、ネバネバと臭みが緩和されるので、工夫を凝らすと良いでしょう。

アーモンド

ナッツ

3つ目は、アーモンドです。アーモンドが大好きな子供は多いのではないでしょうか。子供の成長に役立つ栄養がたっぷりと入った食品でありながら、特に料理しなくても食べられるものなので、おやつで出せばばっちりですね。

アーモンドのビタミンB2の含有量は、100gあたり1.06mgです。納豆よりも含有量の多いことが分かるのではないでしょうか。

アーモンドはその他にビタミンEがずば抜けて含まれています。ビタミンEは抗酸化作用が非常に高いので、美容にも風邪予防にも良いです。

ただし、アーモンドはカロリーの高い食品です。また、塩で味付けしてあるものだと、塩分の摂り過ぎになることもあります。したがって、アーモンドを子供に食べさせるときには、食べ過ぎないように注意が必要です。

生わらび

わらび

4つ目は、「生わらび」です。生わらびは春によく出回る山菜で、天ぷらなどにすると美味しい食材です。しかしあく抜きなどが大変なので、料理に使うのは難しいのではないでしょうか。しかも、独特の味わいなので、嫌いな子供も多いです。

生わらびのビタミンB2の含有量は、100gあたり1.09mgです。野菜などよりもビタミンB2の含有量が多いので、ビタミンB2の摂取が少ないと感じたときには、ぜひ成長している子供に食べて欲しい食品です。

生わらびには、ビタミンB2の他にビタミンKや葉酸、ビタミンCが豊富に含まれています。ミネラルも豊富に含まれているので、春になったら1度は食べておきたい食品です。調理次第では、子供にも食べてもらえる可能性が広がります。

モロヘイヤ

食事

5つ目は、「モロヘイヤ」です。モロヘイヤは料理しやすい野菜で、スーパーでも手軽に購入できるでしょう。しかし、成長している子供の中には野菜嫌いも多く、中々料理に入れられない食品だと思っているお母さんもいるのではないでしょうか。

モロヘイヤのすごいところは、ビタミンB2だけではなく栄養価が非常に高いところです。ビタミンB2の含有量は、100gあたり0.42mgですが、基本的に成長している子供に摂取して欲しい栄養のほとんどが多く含まれています。

そのため、野菜嫌いの子供にもぜひ食べて欲しい食品なのです。モロヘイヤを食卓の中で取り入れられれば、他の栄養素が不足している中でも十分に補ってもらえます。料理で一工夫すれば、子供も問題なく食べてくれる可能性が広がります。

ビタミンB2を多く含んだおすすめ料理一覧

スマホを指す女性

ビタミンB2を多く含んだ食品が分かったとしても、日々の料理の中でそれをアレンジするのは大変なことです。しかも、毎日のことなので、毎日のように飽きずにかつ食べやすい料理を考えるのは、プロでも難しいと言われています。

それでも、子供の成長を願う親は、できれば色々な料理を食べて欲しいと思うところです。ところが、子供によっては好き嫌いもあって、どうしてもワンパターンの食卓になりがちなのではないでしょうか。

ビタミンB2を多く含む食材についてのアレンジレシピを1品ずつ覚えられれば、レシピが増えるので、ワンパターンも解消できます。ビタミンB2を多く含んだ食品を使ったおすすめの料理をいくつかご紹介します。

レバー

食事する女の子

まず、レバーです。レバーといえば、子供だけではなく大人でも苦手な方がいるのではないでしょうか。料理に使うときも、しっかりとあく抜きをしないと食べにくい食品なので、あまり普段の食卓に使わない方もいるでしょう。

しかし、子供の成長に必要なビタミンB2がたっぷりと含まれた食品です。少なくとも月に1回は食卓に並べたいところでしょう。

レバーの簡単な下処理の方法は、牛乳につけることです。牛乳につける前に、しっかりと水で洗って血抜きをしましょう。

鶏は臭みが少ないので、牛乳につける時間も1時間以内で大丈夫ですが、牛や豚は2時間から3時間つけた方が、臭みはとれます。偏食気味の子供でも食べられるレバーのレシピといえば、甘辛煮です。

はじめに、醤油と砂糖それぞれ大さじ2、みりんと酒それぞれ大さじ3を鍋に入れて煮立たせます。そこに、1口大の下処理をしたレバーとしょうがの短冊切りを入れます。灰汁は丁寧にとって、煮込めば完成です。

納豆

ご飯を食べる子供

次に、「納豆」です。納豆は特に料理しなくても、付属のタレを入れれば簡単に食べられる食品です。しかし、納豆のネックなところは、嫌いな人がいることです。

納豆は少し調理すれば、嫌いな人でも食べられるようになります。そのレシピが、納豆の卵焼きです。作り方は簡単で、納豆1パックに対して卵1個から2個を混ぜ合わせます。

そこに、お好みの量の青ネギ・醤油・鰹節を入れます。それを適量のごま油をひいたフライパンに流しいれて焼きます。卵が焼き固まったら完成です。

納豆は熱を通すとあの独特の臭みが消えるので、嫌いな方でも簡単に食べられるでしょう。

それから、そのままの納豆でも薬味を入れることによって、食べられるようになる方もいます。薬味といえば、青ネギや卵、生姜、鰹節などです。キムチを入れても味が変わるので、食べやすくなります。

アーモンド

外国の家族の食事

それから、アーモンドです。アーモンドも特に料理する必要なく、子供に食べてもらえる食品ではないでしょうか。ビタミンB2もしっかりと含まれているので、おやつ感覚で子供の成長に一役買ってくれます。

しかし、「アーモンドそのまま毎回食べさせるのも」と思うお母さんもいることでしょう。アーモンドのおすすめの料理は、いりことアーモンドの甘辛煮です。いわゆる、田作りのようなものです。

いりこも栄養豊富な食品なので、アーモンドと合わせれば子供の成長に良い影響を与えられるでしょう。

作り方は簡単で、アーモンドといりこをフライパンで乾煎りしてから、砂糖大さじ2・みりん大さじ1・醤油適量・ごま油適量を加えます。

それをむらなく全体的に絡ませたら、クッキングシートの上に広げて冷ましてできあがりです。よく噛んで食べれば、さらに子供の成長を促せるので、子供のおやつにぴったりな一品です。

わらび

兄弟でご飯

「わらび」もビタミンB2が豊富に含まれている食品として有名で、成長している子供に食べさせたいところではないでしょうか。しかし、山菜全般に言えることですが、わらびを家で料理するのはちょっと難しいです。

そのため、春にわらびがスーパーに出回っても、中々手の出ないお母さんもいるのではないでしょうか。

わらびはあくぬきさえできれば、オムレツなどに入れて簡単に調理できる食品です。あくぬき方法をこれを機会に覚えましょう。

まず、500gのわらびに対して、水1000cc・重曹小さじ1杯から2杯を準備します。次に、水を大きめの鍋に入れて、沸騰後に重曹を入れます。そして、火を止めて粗熱をとったお湯の中にわらびを入れます。わらび全体をしっかりとお湯につけてください。

このまま12時間おきます。数時間おきにわらびのやわらかさを確認すれば、失敗しません。わらびが全体的にやわらかくなったらあくぬき完了です。わらびを鍋から取り出して、流水で洗ってください。そのまま様々な料理に使えます。

モロヘイヤ

食事をする子ども

「モロヘイヤ」も子供の成長のために、普段から料理に入れて食卓に出したい食品です。しかし、「いまいち調理方法が分からない」という方もいるのではないでしょうか。

ビタミンB2だけではなくビタミン群の栄養が豊富に含まれているので、子供に積極的に摂取させたいところです。

モロヘイヤは軽く湯がけば、サラダにもできますし、お浸しにもできます。そんな中でも子供でも問題なく食べられるのが、モロヘイヤと卵のスープです。いつもの卵スープの中に、モロヘイヤを入れるだけです。

モロヘイヤは火を通し過ぎると良くないので、スープを作ってから最後の仕上げとしてモロヘイヤを入れるのがポイントです。3分以内に留めて、熱を通す程度にしましょう。卵スープであれば、野菜嫌いな子供でも食べやすいです。

もし、野菜大好きな子供であれば、モロヘイヤをスムージーに入れるのもOKです。果物と一緒にミキサーにかけてしまえば、簡単にできます。基本的に、ほうれん草や小松菜と同じような使い方でOKなので、手軽に食卓に取り入れられます。

栄養満点な料理・料理が苦手な方は子供用サプリの活用を

笑顔の男の子

ビタミンB2が豊富に含まれた食品や料理の方法を知っても、中々それを食卓に出すのが難しいご家庭もあるのではないでしょうか。例えば、お母さんもお父さんもお仕事をしているご家庭だと、料理にかけられる時間は短いです。

そのため、例えばわらびのあくぬきなんてやる時間はありません。また、世の中のお母さんすべてが、料理が得意なわけではないでしょう。料理が苦手だからといって、子供の成長を願えいダメなお母さんなわけでもありません。

料理を十分にできる時間がない、そもそも料理をするのが苦手、というお母さんにおすすめなのが、子供用のサプリを活用することです。サプリというと子供のからだに良くなさそうに感じますが、子供用サプリであれば問題ありません。

サプリは、摂取するのが難しい栄養素を手軽に摂取できるので、栄養不足を補えます。ただし、あくまでも補完的な存在にすぎないので、普段の食事プラスサプリを活用するのが望ましいです。

ビタミンB群が含まれた子供用サプリがおすすめ

サプリ

「子供用のサプリ」と一口にいっても、様々なタイプのものが販売されています。

その中でも、子供の成長のためにビタミンB2が摂取できる子供用のサプリを、と考えている場合であれば、ビタミンB群を中心に配合しているマルチビタミンタイプがおすすめです。

なぜ、ビタミンB群を中心に配合しているマルチビタミンタイプが良いのかというと、単体でビタミンB2が配合されているサプリよりも、マルチビタミンタイプの方が、子供の成長に良い影響を与えてくれるからです。

ビタミンB群というのは、単純に「ビタミンB」という名前だからB群と呼ばれているわけではなく、お互いがお互いに良い影響を与え合う働きをするために、B群として一括りにされて、一緒に摂取した方が良いとされています。

つまり、ビタミンB2だけを摂取するよりも、マルチビタミンタイプで複合的に摂取した方が、子供の成長に役立つのです。ビタミンB2を多く含んでいる食品に関しても、ビタミンB2だけが含まれた食品なんて、ほぼありません。

料理の中でビタミンB2を摂取するのであれば、他のビタミンをそこまで意識しなくても、複合的に摂取できるところですが、サプリとなると配合されているもの以外の摂取ができません。したがって、マルチビタミンタイプがおすすめなのです。

まとめ

悩む女性

ビタミンB2は子供が健やかな成長をするにあたって、必要不可欠な栄養素です。ビタミンB2が不足すると、エネルギーを生成するのが減少するほか、丈夫な骨をつくりにくくなります。それだけではなく、成長障害を起こすことも分かっています。

しかし、ビタミンB2は意識的に摂取をしないと、不足しがちな栄養素です。ビタミンB2が不足すると、口内炎ができやすくなるので、もし子供に口内炎ができた場合にはそのサインであると考えられるでしょう。

成長している子供の時期は、からだが完成した大人よりも、ビタミンB2の必要摂取量が多いです。

成長途中の子供のいるご家庭では、よりビタミンB2を意識した食品を料理に取り入れるのが重要になります。

ビタミンB2を多く含んでいる食品といえば、レバーや納豆などですが、好き嫌いのある子供だと食べてもらえません。いくら料理して食卓に並べたとしても、食べてもらえないと意味がないでしょう。

そんな時には、料理に工夫を凝らしたり、子供用サプリを活用したりすると、子供のビタミンB2不足を補えます。忙しいお母さんも多いので、料理を手抜きにしてしまったときには、サプリを利用して子供の成長を促してあげましょう。

ミカン

子供の身長促進に期待できる『ビタミン』はこの5種類だけ!

ビタミンとは? ビタミンとは人間の体になくてはならない栄養素で「たんぱ……続きを読む