子供の成長豆知識

バレーボールは身長が伸びるスポーツ?プロの平均身長を紹介!

バレーボール

バレーボールやバスケットボールは、基本的に身長が高い選手が行うスポーツというイメージが強いでしょう。これは、バレーボールもバスケットボールも身長が高い方が競技的に有利な為です。

よって、バレーボールは周りより身長が高い方が始める傾向がありますが、バレーボールをしている人たちがみんな最初から身長が高かったわけではありません。バレーボールを始めてから身長が高くなったという方はたくさんいます。

そこで、バレーボールをやっている方の身長が本当に高いのか、そしてバレーボールをすると身長が本当に伸びるのかなどを詳しく見ていきたいと思います。

Pick Up

成長途中の"小学生が飲むべき"
おすすめサプリ

アスミール

小学生は急激な成長にともない多くの栄養が不足します。この時期は身長が伸びる見逃せない大切な時期。そんな時期におすすめしたいのが「アスミール」。

不足栄養素をカバーして伸びやすい体作りをサポート。サプリ専門家がおすすめする"全ての小学生に飲んでほしい身長サプリ!(初回540円も魅力的♪)

今すぐチェックする
Pick Up

成長期真っ只中の
『中・高校生におすすめサプリ』

プラステンアップ

中学生、高校生は成長スパート期を迎え、人生の中で最も身長が伸びる時期です。そんな時期に必要となる栄養素は大人を越える量になります。

そんな栄養を1日たった1杯で補えるのが「プラステンアップ」。すっきりレモン味なので好き嫌いなく飲めます。中・高校生は身長が伸びる最後の時期。しっかりサポートしてあげましょう!

今すぐチェックする

バレーボール選手は身長が高い

バレーボール

バレーボール選手はみなさん身長が高いイメージ、というか実際身長が高い方が非常に多いです。テレビでも時々バレーボールの試合を中継していますが、バレーボール選手たちはみんな身長が高いのでわかりにくいかもしれません。

しかしインタビューしているアナウンサーなどと並んだ時には、明らかに身長が大きいことがわかります。

もともと身長が大きい選手が集まっていることはもちろんですが、バレーボールをしていることによって身長が伸びたケースも多いのです。

昔からバレーボールやバスケットボールをすると身長が伸びるという漠然としたイメージがありますが、実際のところバレーボールを続けていると、他のスポーツを行っている選手に比べて身長が伸びやすい傾向がある事は確かです。

中学生や高校生の時には身長を伸ばしたいという理由でバレーボール部を選ぶという子供も少なくありませんし、同様の考えで自分の子供をバレーボール部に入れたがる大人の方もいるでしょう。

これは、バレーボールと身長の関係性が確かであるからこそです。

骨に縦方向に刺激が加わると身長促進に

レントゲン

バレーボールをしていると身長が伸びやすいという事は、誰もが知っている事実です。しかし、なぜバレーボールをすると身長が伸びやすくなるのでしょうか。これは、バレーボールを行う際に出る動きに関係しています。

バレーボールはポジションにもよりますが、試合中はもちろん練習中でも非常に多くジャンプの動きをします。

多くジャンプすることが他のスポーツとバレーボールとの大きな違いで、バレーボールで身長が伸びる原因としてはジャンプが大きく関係しているのでは、と考えられます。

ではなぜジャンプすることが身長の伸びに影響するのでしょうか。これは、成長期の子供の身長が伸びる理由に関係しています。子供の身長が伸びる為には、骨への適度な刺激が必要です。

さらに、骨への刺激は縦の方向にかかる刺激が重要で、この骨への縦方向の刺激が加わる事で、骨が成長していきます。

骨の縦方向の力が大切

人間がジャンプすると踏み込んだ時や着地した時などに骨の縦方向に力が加わりますので、この刺激が骨の成長につながり、結果的に身長が伸びるのです。

ですから、別にバレーボールではなくても同じようにジャンプしたりして、骨へ縦方向の刺激が加わる運動をしていれば、身長は同じように伸びる可能性があります。

ただ、バレーボールはスパイクを打ったりブロックをしたりと、常にジャンプする事が多い競技なので、身長が伸びやすいスポーツと言われているのです。

骨端線を全身運動で刺激する身長促進に最適なスポーツ

医者が人差し指を立てている

バレーボールは身長が伸びやすくなるスポーツであり、その原因はジャンプを多くすることで骨へ縦方向の刺激が加わるからだと説明しました。では、この骨への縦方向の刺激が身長を伸ばす理由について説明していきます。

人間の体の骨と骨の間には軟骨があり、そこには骨端線と呼ばれる部分があります。この骨端線に刺激が加わると、骨の成長が促進されるのです。

そして、骨端線への刺激としてとても効果的と言われているのが、バレーボールで多く発生するジャンプの動きです。

意外と知らない!?身長が伸びる仕組みは『骨端線』に隠されていた!

[pickup] 骨端線とは? 骨端線とは成長期の子供にだけ見られ、……続きを読む

バレーボールでは、高くジャンプをする際、そしてジャンプしてから着地する際に骨端線へ強い刺激が加わることになります。

こうした動きが他のスポーツに比べてとても多く発生します。ですから、バレーボールは身長を伸ばすスポーツとして最適だと言われているのです。

ただし、気を付けなくてはならないのが、バレーボールで100%身長が伸びるわけではないという点です。

身長の伸びに関しては親からの遺伝も影響しますので、両親の身長が低いとバレーボールをしても思ったほど身長が伸びないという事もあります。

骨端線への刺激が必要という事でバレーボールやトレーニングなどでの負荷が強すぎたり、多すぎたりすると逆効果となってしまう可能性もあります。

負荷が強すぎるのは怪我の原因にもなってしまうことがありますので、くれぐれも適度なトレーニングにすることが望ましいのです。

バレー国際大会の代表メンバーの身長は?

虫眼鏡にクエスチョンマーク

バレーボールはどのスポーツよりも身長が伸びやすいということがわかりました。では、実際にバレーボールを行っている選手たちの身長はどれくらいなのでしょうか。

いくらバレーボールは身長が伸びやすいと言われていても、実際にバレーボールを行っている人の身長が伸びていなければ、この話には信ぴょう性がありません。

そこで、男女それぞれのバレーボール選手の身長や、海外のバレーボール選手たちの身長を見比べてみたいと思います。これによって、バレーボールは身長が本当に伸びるスポーツであるかどうかが明確になるでしょう。

U19代表選手(男子)

スマホを指す女性

まずはじめはU19代表選手に選ばれている男子バレーボール選手の身長を見ていきます。U19代表選手の男子の中でもっとも身長が高い選手は、佐藤駿一郎選手です。

佐藤駿一郎選手はポジションがミドルブロッカーで、高校2年生の時点で身長は204センチあります。2メートル超えの身長は、バレーボール選手の中でもかなり大きい方です。

U19代表選手の中でもっとも身長が低い選手はというと、市川健太選手です。市川健太選手はリベロのポジションとなっており、身長は175センチとなっています。

日本人の平均身長は170センチほどとなっていますので、U19代表選手の中で身長が一番小さい市川健太選手でも平均身長よりは5センチほど高いことになります。

U19代表選手(男子)の平均身長は189センチを超えていますから、一般的にみてかなり身長が高いことがわかります。

U18代表選手(ユース)女子

虫眼鏡を覗く女の子

次はU18代表選手(ユース)女子のバレーボール選手の身長を見てみます。バレーボールと身長の関連性があれば、男子同様に女子も身長が高い事が想定できるでしょう。

はじめにU18代表選手(ユース)女子の中でもっとも身長が高い選手は、荒木彩花選手です。荒木彩花選手はポジションがミドルブロッカーで、身長は184センチあります。

次にU18代表選手(ユース)女子で一番身長が低い選手ですが、こちらはセッターの中川つかさ選手です。中川つかさ選手は身長159センチでした。

日本女性の平均身長は2015年の時点で157~158センチとなっていますので、中川つかさ選手は平均身長以上あることがわかります。

U18代表選手(ユース)女子の平均身長は173センチほどとなっていますので、こちらも男子と同様に平均身長より高く、その差は約15センチくらいあります。

日本代表・世界で活躍するバレー選手の身長は?

バレーボール

ここまでは、日本で活躍しているU18やU19のバレーボール選手の身長をみてきました。男子も女子ももっとも身長が低い選手であっても、平均身長よりは大きい結果です。

さらに、選手たちの平均身長は全国の平均身長と比較するとかなり大きい事もわかりました。

U18・19の選手はまだ高校生なので、ここからさらに身長が伸びる可能性がある事を考えると、やはりバレーボールによる身長の伸びは可能性が高い事が考えられるでしょう。

次に、日本代表として、あるいは世界で活躍しているバレーボール選手の身長を見ていきたいと思います。

世界で活躍するレベルの選手であれば、子供の頃からバレーボールばかりやっていたはずなので、バレーボールが与える身長への影響も大きい事が考えられます。

バレーボールを持った手

【バレーボール】身長が高いと有利?低いと不利?平均身長を徹底調査

バレーボールと身長の関係性 身長が高いと、バレーボールをするのに有利だと言われ……続きを読む

男性「石川祐希・清水邦広・深津英臣・山内晶大」

疑問の子供

世界で活躍するバレーボール選手の身長を順に見ていきます。まずはじめは石川祐希選手です。石川祐希選手は全日本の選手であり、さらにイタリアのセリエAでも活躍している選手です。その身長は192センチでした。

次は清水邦広選手です。清水邦広選手は日本のVリーグのパナソニックに所属して活躍しています。清水邦広選手は193センチでポジションはオポジットです。

他の選手2名

清水邦広選手と同じくVリーグのパナソニックに所属している深津英臣選手は、身長が180センチです。

190センチ以上や2メートル超えの選手が多いバレーボールの世界では180センチというとそれほど大きくないように見えますが、一般的にはかなり大きいです。

最後に山内晶大選手です。山内晶大選手も清水邦広選手や深津英臣選手と同じ、Vリーグのパナソニックの選手で、身長は204センチあります。

今回ご紹介した4選手の中では圧倒的に大きいのが山内晶大選手です。また、もっとも小さい深津英臣選手でも180センチあり、男子の平均身長と比べると10センチほど大きいことになりますので、十分大柄な選手と言えるでしょう。

女性「木村沙織・宮下遥・長岡望悠・鍋谷友理枝」

女の子

男子の次は女子のバレーボール選手の身長を見ていきたいと思います。最初にご紹介するのは、女子バレーボール界のアイドル的存在だったさおりんこと木村沙織選手です。

木村沙織選手は現在すでに現役を引退していますが、身長は185センチと女子バレーボール選手の中でもかなり大きい方でした。

次に宮下遥選手です。宮下遥選手はVリーグにある岡山シーガルズに所属している選手で、身長は177センチあります。バレーボール選手としては比較的身長が低い宮下遥選手は、もともと中学生時代アタッカーでしたがセッターに変更しました。

他の選手2名

Vリーグの久光製薬スプリングスの選手として活躍している長岡望悠選手は、小学生のころからバレーボールをしていて、身長は179センチあります。バレーボール選手の中では特別大きな方ではありませんが、一般的な男性よりはかなり大きいです。

最後はVリーグのデンソーでウイングスパイカーをしている鍋谷友理枝選手です。鍋谷友理枝選手は両親ともにバレーボール選手でした。その身長は176センチと決して大きくはありませんが、高校時代には全日本選手権で優勝した経験もあります。

バレーボールは身長が高い方が有利なスポーツ

バレーボール

バレーボールは、他のどのスポーツよりも選手の身長が勝敗に大きく関係してきます。もちろん身長以外にもそれぞれの選手の能力は重要です。しかし、それ以上に身長の影響が大きく、当然身長が高い選手が多い方が有利なスポーツなのです。

これは、バレーボールというスポーツが高いネット越しにやり取りをするルールの中で行われるからです。アタックを打つ場合でも、相手のアタックをブロックする場合でも、必ず高さが必要で、高い方が有利になります。

高さについてはジャンプ力で補うことも可能ですが、ジャンプ力にも限界はあります。

ジャンプしている最中は身動きが取れませんが、身長が高い選手はそのまま移動ができます。このようにバレーボールは非常に身長が重要となるのです。

世界と日本の代表選手平均身長を比較

パソコン

バレーボールの近年の成績を見てみると、日本は正直なところそれほど思わしい成績を残せていません。この理由はもちろん選手の技術であったり、チーム力もありますが、それ以上に選手の身長差が大きく影響しています。

2017年に行われた大会時の各国のバレーボール選手の身長を見てみるとそれは一目瞭然です。

ランキング別平均身長

もっとも強い第一位のブラジル代表選手の平均身長は198.1センチでした。

第二位のイタリア代表の平均身長は197.8センチ、第三位のイラン代表選手の平均身長は197.5センチです。

続いて第四位のアメリカ代表選手は平均身長が198.3センチ、第五位のフランス代表選手の平均身長は196.8センチとなっています。対して、日本代表選手の平均身長は190.9センチです。

一般的にみれば十分高い身長ではありますが、各国の代表選手の平均身長と比較してみると、日本代表はもっとも小さいフランス代表との間でも5センチ以上の差があるのです。

バレーボールは間違いなく身長がモノを言うスポーツ

バレーボール

世界各国のバレーボール選手の身長と日本のバレーボール選手の身長を比較し、それぞれの国の成績や実力を照らし合わせてみれば、やはり何よりもバレーボールには身長が大きく影響することは明白です。

身長が高いと例えばアタックを打つ際にも相手のブロックをかわして打つことができます。逆にブロックをする際も、身長が高ければ相手のブロックを確実に止める事ができるでしょう。

最高到達点が大切

バレーボールにおいてアタックやブロックでは、選手がジャンプした際に最も高い位置となる最高到達点が重視されます。

最高到達点は、例えば170センチの選手が20センチジャンプした場合と、180センチの選手が10センチジャンプした場合では同じとなります。

しかし身長差をジャンプ力で補うには限界があり、ジャンプ力で補おうとするとフェイントでタイミングをずらすこともできますので、必ずしもジャンプですべて補うことができるわけではなく、やはり身長がものをいうのです。

歴代最高到達点を保持する選手は「レオネル・マーシャル」

子供

バレーボールの世界では身長がもっとも重要であり、ジャンプ力よりも身長の高さが重視されています。これは、ジャンプ力よりも身長があった方が常に最高到達点を死守できると考えられているからです。

しかし、時にはこの常識を覆すものすごいジャンプ力を持った選手もいます。その一人がバレーボール元キューバ代表のレオネル・マーシャル選手です。

レオネル選手のジャンプ力は垂直飛びでなんと127センチ、最高到達点は世界最高記録となる383センチでした。

127センチもジャンプできれば身長差をカバーする事も可能かもしれませんが、ここまでのジャンプ力を持った選手はごくまれです。

リベロなら背が低くても問題なし

バレーボール

バレーボールにはいろいろなポジションがあります。ネットすれすれで相手のアタックをブロックしたり、こちらからアタックを打つ選手は相手よりも高さが必要になりますので、やはり高い身長を持った選手がそのポジションにつきます。

しかし、身長が低いとバレーボールの選手として務まらないかといえば、そんなことはありません。バレーボールにはリベロというポジションがあり、このリベロは身長が高くなくても問題なくこなすことができるのです。

リベロに身長が関係ない理由

なぜリベロに身長が関係ないかというと、リベロは主な仕事がほとんど後方での守備だからです。バレーボールのルールでは、リベロに限って後方の選手とポジション交代を自由に行うことができます。

リベロはサーブを打つことが禁止されていたり、アタックやブロックもしてはいけません。つまり、ほとんどが後方からのトスや相手のアタックを拾う動きになるので、身長は重視されないポジションなのです。

バレーボールのポジション別男女平均身長(日本代表)

チェックリスト

バレーボールは基本的に身長が高い方が有利なスポーツですが、そんな中でも各ポジションによって求められる身長は異なります。これは、実際のバレーボール選手のポジションごとの身長を見てみると分かるでしょう。

女子のポジション別平均身長

バレーボール

女子の日本代表選手の平均身長をポジション別に見ていきます。まず、相手のアタックをブロックする役目を果たすミドルブロッカーの平均身長は181センチです。

次にスパイクを打つウイングスパイカーは平均身長が177センチ、トスを上げるセッターは170センチ、そして最後にリベロが157センチとなっています。

男子のポジション別平均身長

バレーボール

男子ですが、まずミドルブロッカーは197センチ、ウイングスパイカーが191センチ、セッターが186センチ、そしてリベロが175センチです。男子のリベロは女子の代表選手のミドルブロッカーやウイングスパイカーよりも身長が低くなっています。

海外のバレーボール選手の身長は2メートルを超えることはよくありますので、そうしたことを考えるとやはり日本のバレーボール選手はまだまだ身長で負けています。

なかなか日本がバレーボールで世界に勝つことができないのは、こうした身長によるところも大きいのではないでしょうか。

練習後のエネルギー不足解消に子供用サプリが最適

兄弟でご飯

バレーボールでは身長が命といっても過言ではないくらい、身長はとても重要な要素です。バレーボールは骨端線に刺激を与える動きが多いので、他のスポーツよりも身長が伸びやすくなるスポーツと言われています。

しかし、いくら骨端線に刺激を与えることができていても、骨が成長して身長を伸ばす為には、必要なエネルギーや栄養が不足していては伸びるものも伸びません。

実際、子供の頃からバレーボールをやっている選手の中には、思うように身長が伸びないことを悩みとする子供も少なくないでしょう。

バレーボールをしているのに身長が伸びない理由

背中向けた子供

なぜバレーボールをやっているのに思うように身長が伸びないかというと、激しすぎる練習によってエネルギーを消費しきってしまって、成長に使うエネルギーや栄養が足りなくなってしまっている、ということがあるのです。

激しい練習をしているとそれだけ多くのエネルギーを消費しますので、練習後は疲れ切ってしまってしっかり食事をとれなかったり、食事ではエネルギーと栄養を補い切れていないケースが見られます。

そこでおすすめなのは子供用のサプリメントです。成長期に子供に必要な栄養やが凝縮されたサプリメントを取り入れる事で、不足していた栄養を摂取する事ができ、ハードな練習をしていても成長に悪影響を及ぼすことがなくなるのです。

ハートの雲

お子さんにきっと合う!ジャンル別おすすめ身長サプリ一覧【まとめ】

身長サプリの種類別 ・【2018年最新】全種類から専門家が厳選した身長サプ……続きを読む

まとめ

親子でパソコン

バレーボールは数あるスポーツの中でも、特に身長が伸びやすい種目の一つです。バレーボールではジャンプの動きが多い為、身長を伸ばすのに必要な骨端線への縦方向の刺激が多く加わります。

バレーボールの世界では、身長がなによりもものをいう世界で、身長が高ければ高いほど有利となる傾向があります。ですから、子供の頃からバレーボールをやっていて身長が高くなれば、それだけバレーボール選手として有利になるのです。

身長が低い選手でもセッターやリベロなどのポジションであれば活躍することはできますが、それでも身長はあって損することはありません。でも、バレーボールをやっていてもなかなか身長が伸びない人もいるでしょう。

栄養補給に子供用サプリがおすすめ

身長の伸びについては、親からの遺伝による影響もありますので、バレーボールだけで決まるものではありませんが、本来ならもっと伸びるはずの身長が、バレーボールによって逆に伸び悩むこともあります。

この原因は、過度な練習によって成長に回るエネルギーと栄養が足りなくなってしまうためです。

こうした状況を回避するには、練習後にきちんと食事をとる事もそうですが、それだけでは補いきれない分を子供用サプリメントなどを用いて補ってあげましょう。

身長サプリが並んだ画像

【専門家監修】身長サプリ徹底採点(2019)全評価を一挙公開!

早見表!身長サプリ評価順【上位10選】 ★★★★★ アスミール ……続きを読む