子供の成長豆知識

陸上は身長が伸びないスポーツ!?身長は高いほうが有利なのか解説!

ストレッチ

陸上は様々な競技があり、世界陸上やオリンピックなど、大きな大会では日本人選手の活躍も目立ちます。そんな陸上ですが、みなさんどのようなイメージを持たれているでしょうか。

例えばバスケットボールやバレーボールなら身長が高い方がやっている、身長が伸びるスポーツというイメージがあります。しかし、陸上をやっていて身長が伸びたという話はあまりききません。

とはいえ、陸上選手たちの身長が高いのか低いのか、平均身長はどれくらいなのかはデータを見てみないとわかりません。そこで、まずは陸上選手の身長との関係性や、陸上競技における身長の重要性などを見ていきたいと思います。

Pick Up

成長途中の"小学生が飲むべき"
おすすめサプリ

アスミール

小学生は急激な成長にともない多くの栄養が不足します。この時期は身長が伸びる見逃せない大切な時期。そんな時期におすすめしたいのが「アスミール」。

不足栄養素をカバーして伸びやすい体作りをサポート。サプリ専門家がおすすめする"全ての小学生に飲んでほしい身長サプリ!(初回540円も魅力的♪)

今すぐチェックする
Pick Up

成長期真っ只中の
『中・高校生におすすめサプリ』

プラステンアップ

中学生、高校生は成長スパート期を迎え、人生の中で最も身長が伸びる時期です。そんな時期に必要となる栄養素は大人を越える量になります。

そんな栄養を1日たった1杯で補えるのが「プラステンアップ」。すっきりレモン味なので好き嫌いなく飲めます。中・高校生は身長が伸びる最後の時期。しっかりサポートしてあげましょう!

今すぐチェックする

陸上選手の理想身長は?

陸上

スポーツには競技上、理想的な身長というものがあります。例えばバレーボールやバスケットボールなら身長は高ければ高いほどいろいろな面で有利となります。

身長が低いとダメということはありませんが、どちらかと言えば不利になりやすい競技です。これは、それぞれのプロ選手たちの平均身長を見れば一目瞭然でしょう。

では、陸上選手の場合の理想の身長はどれくらいなのでしょうか。実は、陸上選手の身長の理想はだいたい170センチ台後半から180センチ台半ばくらいが良いと言われているのです。

日本人の体型として考えた場合、比較的大きめに思えますが、世界的にみると決して大柄というほどの身長ではありません。

陸上選手の理想身長というのも競技種目によってやや違いは出てきます。実際に陸上選手の平均身長をみてみると競技種目によってばらつきがあるものです。

ただひとつ言えることは、バスケットボール選手やバレーボール選手のように陸上選手がとびぬけて長身ではないという事でしょう。

バレーボール

バレーボールは身長が伸びるスポーツ?プロの平均身長を紹介!

バレーボール選手は身長が高い バレーボール選手はみなさん身長が高いイメ……続きを読む

ちなみに、体型としては海外の選手に劣る事が多い日本人選手ですが、陸上競技を行う上でその体格差はどれくらい影響があるのでしょうか。これについてもやはり競技種目によって違いが見られます。

ある程度の体型はどんな競技種目でも求められる傾向があるようですので、外国人選手と比べてどうしても小柄である日本人は多くの場面で不利な状況と言えるでしょう。

陸上は足への負荷が大きく身長が伸びない可能性も

びっくりマークと医者

陸上競技をやっていると、だんだん自分が行う競技種目が決まってきます。すると、その競技で一定の動きばかり繰り返すようになりますので、体の使い方や筋肉の発達も偏りがちになるでしょう。

また、陸上競技の多くは非常に足を使うものが多くなります。つまり、陸上選手は多くの方が足への負荷が大きい状態となるのです。

この、足にばかり負荷がかかる状態というのは、場合によっては身長が伸びる事を阻害してしまう恐れがあります。こうした事が原因で陸上選手の平均身長が低いという可能性も十分考えられます。

通常は、足などへ適度な負荷と刺激が加わることによって、成長期の子供の身長が伸びる事を促してくれるので、身長は高くなります。

陸上のように足にばかり負荷が偏ってかかってしまうと、その負荷や刺激は逆効果となってしまい、結果的にあまり身長が伸びなくなってしまうという事もあるのです。

もちろん陸上をやっていたら絶対に身長が伸びないという事ではなく、あくまで負荷が足などに偏ってしまった場合の可能性です。

骨に縦方向に刺激が加わると身長促進に

医者が人差し指を立てている

子供の身長を伸ばす為には運動はとても効果的です。近年、子供の運動量が減ってきていることにより、平均身長が伸び悩んでいるというデータもありますが、きちんと運動をしていればこの低い平均身長も高い状態に戻る事ができるはずです。

なぜ子供の身長を伸ばす為に運動が必要かというと、そもそも身長が伸びる仕組みというのは、骨の成長です。骨と骨の間にある、ちょうど骨の端の部分には骨端線というところがあります。

この骨端線へ縦の刺激が加わることで、骨の成長が促進され、身長が伸びるのです。

意外と知らない!?身長が伸びる仕組みは『骨端線』に隠されていた!

[pickup] 骨端線とは? 骨端線とは成長期の子供にだけ見られ、……続きを読む

骨端線への縦の刺激というのはいろいろなスポーツで得ることができますが、中でも特に効果が高いと言われているのがバスケットボールやバレーボールです。

なぜこの二種目が効果的と言われているかというと、この二種目はジャンプの動きが多く、これが骨端線へ縦の刺激となるからです

陸上はどうかというと、種目によってはジャンプもありますし、ジャンプがなくても十分骨への刺激を得る事ができます。ただし、陸上競技の場合この骨への刺激や負荷が過度にかかってしまう恐れもありますので、注意が必要です。

ハードすぎるトレーニングは骨の成長に逆効果

ストップする医者

陸上に限らず、身長を伸ばす為には運動をする事がとても効果的です。運動をして体を動かすことによって骨へ刺激が加わり、成長を促進することができるからです。

しかし、身長を伸ばしたいからと言ってハードすぎるトレーニングをする事はおすすめしません。

身長が高いか低いかはそもそも親からの遺伝によって左右される部分もありますので、トレーニングを行ったからと言って必ず身長が高いという事にはつながりませんし、運動をしなかったから身長が必ず低いという事もありません。

骨への刺激を与える為にはトレーニングは行わないよりは行った方がいいですが、あくまで適度なトレーニングにするべきなのです。

子供の成長期の時期に過度なトレーニングを行ってしまうと、疲労がたまりすぎて十分に食事をとれなかったりエネルギーを消費しすぎてしまうという事があります。

せっかくの成長期なのに運動をしないために、子供の平均身長が伸び悩んでいる傾向はあるものの、運動をしても成長に必要となる栄養を食事から十分にとることができなくなってしまいます。

子供が食事をする

今さら聞けない!身長の伸びをグンとよくする『食事』とは?

身長を伸ばすための食事とは 身長を伸ばすためには、必要な栄養素をきちん……続きを読む

日本代表・世界で活躍する陸上短・長距離の身長は?

陸上

陸上選手は、競技種目や個人個人によって身長や体格は大きく異なります。身長が高い選手が多い種目もあれば、平均身長が低い競技種目もあるでしょう。

すべてが身長で決まる訳ではありませんし、バスケットボールなどと比べてそれほど身長が大きく影響するものではありません。

各競技種目の選手の身長を見てみると、どれくらいの身長の選手が向いているのかや、その競技を行う事で身長の伸びにどれくらい影響があるのかをある程度理解することができます。

そこで、ここからは日本代表の陸上選手や世界で活躍している短距離や長距離の各選手の身長や、平均身長などをピックアップしてみていきたいと思います。

日本人男性「桐生祥秀・ケンブリッジ飛鳥・山縣亮太」

陸上

まずは日本人男性の陸上選手で活躍している方の身長を見ていきます。最初にピックアップするのは桐生祥秀選手です。

桐生祥秀選手は2016年のリオデジャネイロオリンピックで、100メートルリレーの銀メダル獲得に貢献しています。身長は176センチで、特別高いわけでも低いわけでもありません。

ケンブリッジ飛鳥選手

次に、同じくリオデジャネイロオリンピックのリレーに参加していたケンブリッジ飛鳥選手です。ケンブリッジ飛鳥選手はジャマイカ人と日本人のハーフということもあり、体型は日本人よりもやや恵まれている印象があります。

そんなケンブリッジ飛鳥選手の身長は180センチで、日本の陸上選手の中ではやはり大柄な方と言えます。

山縣亮太選手

最後にご紹介するのは、短距離専門でリオデジャネイロオリンピックでは桐生祥秀選手やケンブリッジ飛鳥選手と一緒にリレー選手として活躍した山縣亮太選手です。

山縣亮太選手の身長は177センチとなっていて、桐生祥秀選手とほぼ一緒です。今回ご紹介した三選手の平均身長は177.6センチとなり、日本の陸上選手のほぼ平均といったところでしょう。

実際にはケンブリッジ飛鳥選手だけやや身長が高いのですが、それでも180センチなので海外の陸上選手と比較してみると、決して大きい方ではありません。

身長が高いほうが陸上は有利?

パソコン

ある説では、陸上競技で特に短距離に関しては180センチ以上の選手の方が有利ではないかという意見があります。これは、短距離でトップの外国人選手たちの身長が180センチ台の方が多いからです。

筋肉やそもそもの体の作り自体が違うというところもありますので、身長が高いからと言って日本人選手が外国人選手に張り合えるかというと難しい所があります。

しかし理想としてはケンブリッジ飛鳥選手のように180センチ台の身長があった方がよいのかもしれません。

海外男性選手

陸上

次は男性の海外陸上選手の身長について注目していきます。海外の陸上選手といえば外せないのがウサインボルト選手でしょう。ウサインボルト選手は人類で最速の男と呼ばれ、3回のオリンピックでリレーに出場し3冠を獲得しました。

獲得した金メダルの数は8個あり、100メートルと200メートル、400メートルのリレーにおいては世界記録も持っています。

そんなウサインボルト選手の身長は196センチで陸上選手、特に短距離の選手として見た場合にはかなり身長が高い方になります。

タイソンゲイ選手

次はアメリカの短距離陸上選手で、ウサインボルト選手と同様にかなりの知名度があるタイソンゲイ選手です。

タイソンゲイ選手は大阪で開催された世界陸上で100メートルと200メートル、そして400メートルリレーで3冠を獲得という偉業を成し遂げています。

タイソンゲイ選手の身長は180センチと、外国人選手としては身長は高いわけでも低いわけでもありません。

ヨハンブレーク選手・ガトリン選手

ジャマイカの陸上選手のヨハンブレーク選手は、2011年に世界陸上の100メートルで金メダルを獲得しています。世界最速の男であるウサインボルトの次に速い記録を持っており、身長は180センチ、タイソンゲイ選手と同じです。

最後にピックアップするのは、アメリカの短距離選手であるジャスティンガトリン選手です。

ジャスティンガトリン選手はアテネオリンピックで金メダルを獲得しており、当時は世界記録となりましたが、その後ドーピングによって記録は消えてしまいました。そんなジャスティンガトリン選手の身長は185センチとなっています。

今回ご紹介した四選手の平均身長は185センチくらいとなっていて、日本人選手と比較すると大きく感じられます。しかし、世界の陸上選手の中ではおおむね平均くらいと言ったところです。

日本人女性(長距離)

陸上

今度は日本人陸上選手(長距離)の女子の身長を見ていきます。日本人女子の長距離と言えば高橋尚子選手が有名です。高橋尚子選手は2000年に開催されたシドニーオリンピックで見事金メダルを獲得しています。

一時は女子のマラソンで世界記録を保持していたこともありました。こうした功績がたたえられ、女子スポーツ選手で初となる国民栄誉賞を受賞しています。高橋尚子選手の身長は163センチで、一般的な女性の平均身長より少し高いくらいです。

野口みずき選手

もう一人ご紹介するのは野口みずき選手です。野口みずき選手はアテネオリンピックで金メダルを獲得しているほか、女子のマラソンで日本記録とアジア記録を持っています。

野口みずき選手の身長は150センチとなっており、一般女性の平均身長よりも低いです。

有森裕子選手

最後は有森裕子選手です。有森裕子選手は現在日本陸上競技連盟の理事を務めています。過去にはマラソンの日本記録を保持していたり、バルセロナオリンピックでは銀メダルを獲得した事もありました。

そんな有森裕子選手の身長は165センチで女性の平均身長よりはやや大柄となっています。

今回ご紹介した三選手の身長を見てみると、特別身長が大きくなくてもオリンピックのメダルや日本記録を打ち出すことができるという事を証明しています。

陸上競技は身長が高い方が有利なのか?

子供

スポーツは、その種目によって向いている理想の体型が異なります。中にはバスケットボールであったりバレーボールのように身長が高い方が有利とされるスポーツもたくさんあります。

逆に体操などは身長があまりありすぎると競技がしにくくなるので、どちらかと言えば身長が低い選手が多い傾向です。

では陸上競技の場合、身長の高い低いは記録にどれくらい影響するのでしょうか。日本と世界を比べてみた場合、外国人選手の方が身長は大きい場合が多く、そして多くの競技で外国人選手が結果を出しています。

有利だとは一概には言えない

陸上

身長が大きな選手の方が陸上競技で有利なのかというと、一概には言えません。

なぜなら、日本人と外国人での違いは身長だけではないからです。また、陸上競技でも種目によって身長が高い事が有利な場合もあれば、そうではない事もあります。

これは各競技の平均身長を見てみると分かるでしょう。ですから、陸上競技において身長が高いということは、イコール有利であるというわけではありません。

陸上競技は種目によって求められる体系・身長が異なる

陸上

陸上競技にはたくさんの種目があります。それぞれの競技によって動きから体の使い方など多くの違いがありますので、その種目によって求められる理想の体型であったり、身長というのは異なります。

例えば動きの多い種目や走ることや飛ぶことなどがメインとなる種目の場合は、あまり体が重たいとスムーズに競技を行う事ができない為、比較的スリムで引き締まった体型の選手が多くなります。平均身長はそれほど極端に高い事も低い事もありません。

また、砲丸投げのようなパワーをメインとする種目に関しては、大きなパワーを発揮できる体が必要となる為、マラソン選手や短距離走の選手に比べると筋肉量が多く、見た目も大柄な体型の選手が多い傾向です。

日本人は外国人と比べてどうしても体型が小柄なので、パワーを使う競技はなかなか活躍できませんが、マラソンなどでは小柄な体型の日本人でも世界で活躍することができています。

短距離は身長が高い・長距離は身長が低い方の入賞が多い

陸上

これまでの陸上競技での成績データを見てみると、多く入賞している身長の高さというものが見えてきます。もしかしたらこうしたデータを元に考えると、その種目に適している体型や身長がわかってくるかもしれません。

具体的には、陸上の短距離走では身長が比較的高くて筋肉量の多い選手の方が多く入賞しています。そして長距離走については短距離走に比べて身長の低い選手の方が多く入賞しているという事がわかります。

短距離走と長距離走それぞれの入賞者の平均身長を見てみてこうしたデータが出てきたという事から、短距離走には長身の選手が向いていて、長距離走には身長の低い選手の方が向いていると言えるのかもしれません。

陸上競技に必ずしも身長の高さは必要ではない

教師

数ある陸上競技種目の中で、例えば走り高跳びは身長が高い方が比較的有利な種目と言われています。身長が高い選手の方がそもそも重心も高い位置にありますし、当然足も長いので有利となるのです。

逆に身長があまり高くない、あるいは低い方がやりやすい種目としてはハードルや棒高跳びなどがあります。

ハードルや棒高跳びなどの種目の場合、歩幅をそろえることが重要であったり、身長が大きくなることで体重も増えるので、できるだけ体が軽い方が向いているからです。

短距離走で世界一になる外国人選手の多くは180センチ台の方が多いので、それくらいの身長が向いているのでは、との見解もあります。

しかし、これらはあくまで目安であったり、一般論であって、必ずしも身長が適正でなければ戦えないということではありません。

そもそも日本人は平均身長が低いですが、それでも世界と対等に戦うことができている競技種目も存在しているからです。

練習後のエネルギー補給に最適な子供用サプリの活用を

スマホを指す女性

陸上競技は、取り組む種目によっても違いますが、体への適度な刺激を得られますので、子供の頃から陸上競技をやっていればある程度身長の伸びが期待できるでしょう。

特に陸上競技の中でも縦方向の動きであったり、ジャンプする事が多い種目の場合は、骨端線へしっかり刺激が伝わるので、身長が高い選手も多くなっています。

しかし、一方で陸上競技をする事で身長が伸びない、身長が低いという選手もたくさんいます。

陸上競技をしているのに身長が伸びない理由

身長が伸びない理由はその競技の選手の平均身長が低いとかそういった問題ではなく、考えられる原因としては身長が伸びるタイミングで、必要なエネルギーであったり栄養素が不足してしまう事があるからです。

身長が伸びる過程では、骨と骨の間にある骨端線への刺激が重要となりますので、ある程度の運動量が必要となります。

意外と知らない!?身長が伸びる仕組みは『骨端線』に隠されていた!

[pickup] 骨端線とは? 骨端線とは成長期の子供にだけ見られ、……続きを読む

陸上競技を頑張りすぎるあまり、食欲よりも睡眠欲が勝ってしまってしっかりと食事をとることができなくなったり、食事量が少なくなってしまって骨や身長の成長が十分できないという事があるのです。

骨や身長が伸びないのは陸上に限らず、多くのスポーツで過度なトレーニングを行ってしまうと起きる事です。対策としては少しトレーニング量を減らすか、練習後にエネルギーを補給する為に子供用サプリメントの使用を検討しましょう。

サプリメントなら簡単に飲む事ができますし、必要なエネルギーや栄養素が凝縮されていますので、子供の成長の補助をしてくれます。

まとめ

教師

陸上競技はたくさんの種目があって、それぞれの種目によって選手の平均身長も異なります。なぜ競技種目ごとに選手の平均身長が異なるかというと、種目によって向いている体型や身長が異なるからです。

その為、陸上競技においては、他のスポーツのように必ず身長が高い方が有利であるとか、低い方が不利であるといったことはありません。

また、陸上競技を行う事で身長の伸びに対しての影響があるかという点については、成長期に陸上競技を行う事で骨端線への刺激を受ける事ができますので、十分伸びる可能性はあります。

種目次第ではバスケやバレーと同様に期待できる

特にジャンプなどの動きが多い種目であれば、バスケットボールやバレーボールと同様の効果を期待できるでしょう。ただ、陸上競技の中には足にばかり負担がかかってしまう種目やトレーニングもあります。

トレーニングを過度に行いすぎてしまうと、身長が伸びるどころか負担がかかりすぎてしまって怪我をしたり、成長を阻害することもありますので注意が必要です。

陸上競技に限ったことではありませんが、練習のし過ぎにも注意しなくてはなりません。練習のし過ぎで体力を使い果たしてしまって、十分に食事から栄養を摂取できなくなり、体の成長に悪影響が出てしまう事もあるからです。

こうした事を避ける為にはしっかり食事をとる事が大切ですが、食事だけでは不足と感じる場合には子供用のサプリメントを用いるなどして栄養を補う事も必要となるでしょう。

身長サプリが並んだ画像

【専門家監修】身長サプリ徹底採点(2019)全評価を一挙公開!

早見表!身長サプリ評価順【上位10選】 ★★★★★ アスミール ……続きを読む