子供の成長豆知識

【高校生】1・2・3年生(16・17・18歳)の男女別平均身長と体重を解説!

桜の前の女学生

心も体も大人になり始める高校生ですが、この時期をすぎると身長が伸びる可能性がグッと減ります。そのことから子供の成長を心配している親御さんは多いでしょう。

また、周りの子供に比べて身長が高いのか低いのか、高校生になっても身長は伸びるのか、など気になる方も多いと思います。

結論から言うと、まだ諦める必要はありません。

▼あと○cm…高校から身長を伸ばす方法▼

今回は高校生の平均身長や平均体重について解説しますが、それに加えて成長期の最後である高校生が現時点でできる身長促進への対策を教えます。

【まだ諦めるな!!】
高校生向けの身長サプリ3選
順位 商品名 体験レビュー 商品内容
1位 プラステンアップ 詳細はこちら 公式サイト
2位 カラダアルファ 詳細はこちら 公式サイト
3位 アスミール 詳細はこちら 公式サイト
Pick Up

成長途中の"小学生が飲むべき"
おすすめサプリ

アスミール

小学生は急激な成長にともない多くの栄養が不足します。この時期は身長が伸びる見逃せない大切な時期。そんな時期におすすめしたいのが「アスミール」。

不足栄養素をカバーして伸びやすい体作りをサポート。サプリ専門家がおすすめする"全ての小学生に飲んでほしい身長サプリ!(初回540円も魅力的♪)

今すぐチェックする
Pick Up

成長期真っ只中の
『中・高校生におすすめサプリ』

プラステンアップ

中学生、高校生は成長スパート期を迎え、人生の中で最も身長が伸びる時期です。そんな時期に必要となる栄養素は大人を越える量になります。

そんな栄養を1日たった1杯で補えるのが「プラステンアップ」。すっきりレモン味なので好き嫌いなく飲めます。中・高校生は身長が伸びる最後の時期。しっかりサポートしてあげましょう!

今すぐチェックする

高校生(16・17・18歳)の平均身長は?男女別に解説

身長計

厚生労働省の「第2部身体状況調査の結果」をもとに男女別で高校生の平均身長を確認してみましょう。年齢は満16歳~18歳、それぞれ各年齢別の平均身長になります。

男子 女子
16歳 169.4cm 158.3cm
17歳 170.0cm 160.8cm
18歳 170.6cm 159.0cm

▼あと○cm…高校から身長を伸ばす方法▼

さらに詳しく月齢で比較してみましょう。まずは高校1年生の16歳から17歳にかけての平均身長です。

男の子(16歳)
年齢 標準身長(cm) SD値
0歳 平均値 -2SD -3SD
0ヶ月 169.4 157.8 152.0
1ヶ月 169.5 157.9 152.1
2ヶ月 169.6 158.0 152.2
3ヶ月 169.7 158.1 152.3
4ヶ月 169.9 158.3 152.5
5ヶ月 170.0 158.4 152.6
6ヶ月 170.1 158.5 152.7
7ヶ月 170.2 158.6 152.8
8ヶ月 170.2 158.6 152.8
9ヶ月 170.3 158.7 152.9
10ヶ月 170.3 158.7 152.9
11ヶ月 170.4 158.8 153.0
女の子(16歳)
年齢 標準身長(cm) SD値
0歳 平均値 -2SD -3SD
0ヶ月 157.5 147.1 141.9
1ヶ月 157.5 147.1 141.9
2ヶ月 157.6 147.2 142.0
3ヶ月 157.6 147.2 142.0
4ヶ月 157.6 147.2 142.0
5ヶ月 157.7 147.3 142.1
6ヶ月 157.7 147.3 142.1
7ヶ月 157.7 147.3 142.1
8ヶ月 157.8 147.4 142.2
9ヶ月 157.8 147.4 142.2
10ヶ月 157.8 147.4 142.2
11ヶ月 157.9 147.5 142.3

次に高校2年生の17歳から18歳にかけての平均身長です。

男の子(17歳)
年齢 標準身長(cm) SD値
0歳 平均値 -2SD -3SD
0ヶ月 170.5 158.9 153.1
1ヶ月 170.5 158.9 153.1
2ヶ月 170.6 159.0 153.2
3ヶ月 170.6 159.0 153.2
4ヶ月 170.7 159.1 153.3
5ヶ月 170.7 159.1 153.3
6ヶ月 170.8 159.2 153.4
7ヶ月
8ヶ月
9ヶ月
10ヶ月
11ヶ月
女の子(17歳)
年齢 標準身長(cm) SD値
0歳 平均値 -2SD -3SD
0ヶ月 157.9 147.5 142.3
1ヶ月 157.9 147.5 142.3
2ヶ月 158.0 147.6 142.4
3ヶ月 158.0 147.6 142.4
4ヶ月 158.1 147.6 142.4
5ヶ月 158.1 147.7 142.5
6ヶ月 157.9 147.5 142.2
7ヶ月
8ヶ月
9ヶ月
10ヶ月
11ヶ月
月齢のデータは国立保健医療科学院の「乳幼児身体発育評価マニュアル」から算出しています。高校3年生の18歳から19歳にかけてのデータはありません。ちなみに-2SD、-3SDは低身長の目安として用いられています。大幅に下回っていなければとくに問題はありません。

▼あと○cm…高校から身長を伸ばす方法▼

お子さん身長と平均身長を比較してみてどうでしょうか。高校生になる頃には基本的に成長期は終えているのがほとんどです。

ただ、全員がそうではありません。なかには高校生になって成長期を迎える子もいます。その判断をする方法は「スパート期が来ていないかどうか」です。

成長スパート期
(出典:学校法人順天堂)

スパート期とはいわゆる身長の伸び幅のことをいいます。今まで2cmずつ伸びていたのに突然5cm、10cm伸びるようになった、これがスパート期です。

このスパート期が来ていないなら、まだ伸びる可能性があります。反対にスパート期が終わっていたら伸ばすのは難しくなります。

スパート期が来ていたかどうか判断するのは身長の推移をメモしていないとわかりません。メモがなくてわからない場合は、学校の検診などを思い出してみましょう。

急激に伸びた年はなかったか、または成長痛に悩まされた時期はなかったかなど、一度思い出してみてください。

もし成長スパート期がまだ来ていないとわかった場合はまだ身長が伸びる可能性が残されています。まずは生活習慣の改善から試してみてはいかがでしょうか。

睡眠、運動、栄養(食事)の3つが主な生活習慣になります。夜更かしをやめる、適度な運動をする、成長期に必要な栄養をしっかり摂取するなど出来ることはたくさんありますよ。

あと○cm伸ばしたい!高校生がやるべき身長を伸ばす対策

医師

「あと○cm伸ばしたい!」と思っている高校生のお子さんはたくさんいます。

何度も言いますが、高校生は成長期の最後になります。でも身長を諦める必要はありません。むしろ、やらない方が後悔します。

なぜなら、高校生のこの大切な時期が過ぎると1mmたりとも身長は伸びないからです。

では、何をすればいいのか。それは高校生に不足する栄養素をしっかり補って、身長が伸びやすい身体にしておくことです。

とくに高校生の時期は大人並みの体格になり、栄養不足に陥りがちです。以下3つの栄養不足はとくに深刻なものになります。

厚生省の推奨量 平均摂取量 過不足
カルシウム 男:1000mg 男:508mg 男:292mg
女:650mg 女:610mg 女:40mg
マグネシウム 男:360mg 男:118mg 男:118mg
女:310mg 女:121mg 女:121mg
男:9.5mg 男:7.8mg 男:1.7
女:8.5mg 女:6.5mg 女:2.0

高校生になると好き嫌いも少なくなってきますが、自ら栄養に関して注意しているお子さんはほとんどいません。本来食事から摂取できればいいですが、不足分が多すぎます。

最終身長が決まるこの時期、まだ身長が伸びるかもしれない可能性を考えると栄養をしっかり満たしておかなくてはいけません。

身長に密接に関係しているカルシウムの不足が特に深刻です。高校生の栄養補給にあわせたサプリメント(身長サプリ)が販売されているので、それで補うのがベストです。

成長の可能性がある最後の時期に、手軽に栄養補給できる身長サプリは必要不可欠なのかもしれません。

次の項で、当サイト監修のサプリメント専門家が高校生の成長におすすめサプリを厳選しました。

高校生におすすめ身長サプリ厳選ランキング

  1. 高校生におすすめ

    プラステンアップ

    通常価格:9,980円 定期購入:1,980円

    プラステンアップ

    「プラステンアップ」は成長期(中高生)を対象にした身長サプリです。成長期に不足する栄養素の補給はもちろん、レモン味ですっきりした味わいなので飲みやすさも◎。定期購入の回数縛りもないので手軽に試せます。

    安全性 飲みやすさ 価格 口コミ
    4 5 5 4
  2. カラダアルファ

    通常価格:7,200円(1箱) セット購入:19,800円(3箱)

    カラダアルファ(a)

    「カラダアルファ」は買い切りタイプの中高生に特化した身長サプリ。スピルリナを主成分に栄養成分が豊富です。とても飲みやすく高校生に合ったサプリではあるが、カルシウムの摂取量が少し足りないのが気になるところ。GMPなど安全性については問題なし。

    安全性 飲みやすさ 価格 口コミ
    4 5 3 4
  3. アスミール

    通常価格:4,102円 定期購入:500円(モニター実施中)

    アスミール

    余計な栄養成分は一切除き、成長期に本当に不足する栄養素を高品質な原材料で無駄なく配合した「アスミール」。成長期に不足する栄養もこれ一杯で簡単補給。安全性や価格、口コミ、どれをとっても総合力でワンランク上。現在500モニター実施中!

    安全性 飲みやすさ 価格 口コミ
    5 4 5 4
サプリメント

【高校生】1/2/3年生(16/17/18歳)におすすめ身長サプリランキング!

【前提】成長曲線から高校生の身長を理解する (出典:実践女子大学「身長……続きを読む
スパート期はそれぞれ個人差があります。終わったと思い込んで何もしなければ、一生に一度のチャンスを逃すことになります。成長スパート期で最終身長が決まるといっても過言ではないので、伸ばせる時期にそれなりの対策をしてあげてください。

成長期が終わった高校生は身長が伸びない?

基本的に成長期は以下の年齢で終わると言われています。

  • 男子:16歳頃まで
  • 女子:12歳頃まで

平均すると中学生から高校生で終わる場合がほとんどです。

成長期が終わると身長が伸びなくなるかどうかですが、先に結論からいうと「伸びます」。基本的に身長は20代前半まで伸び続けます。

ただし成長期前、成長期のときの伸び率に比べるとかなり下がります。成長期前は4cm、成長期は8cm伸びていたとしたら成長期後は年間1cmか、よくて2cmほどしか伸びません。

そのため、身長を伸ばすなら成長期に伸ばしたほうが現実的です。

以下に0歳から18歳の平均身長をまとめています。それを見れば成長期の身長の伸びがどれだけ大きいものか確認できます。

グラフ

【全年齢】子供(0~18歳)の男女別平均身長&平均体重一覧まとめ

[pickup] 身長と体重には相関関係がある なぜ、この記事で身長以外に体……続きを読む

成長期を過ぎたかもしれないけど、身長をもう少し伸ばしたい、伸ばしてあげたいと思う親御さんもいるでしょう。その場合は諦めずに生活習慣を改善しましょう。

食事や運動、睡眠などの生活習慣が乱れたままだと、成長期後の伸びしろにも期待できなくなります。

身長の伸びに関係なく生活習慣の改善は大切です。大人(社会人)になるとなかなか生活習慣の改善が難しくなります。子供のうちから改善しておけば、大人になっても比較的困ることはないと思います。

成長期とは?身長が伸びない『3つ』の原因と今すぐできる対処法!

[pickup] 成長期とは?思春期との違いについて 成長期と似た言……続きを読む

平均身長が高い部活(クラブ)活動があるの?

陸上

株式会社大修館書店が、高校の運動部別で平均身長がどれくらい違うのかを一覧表にしてまとめています。男子、女子それぞれ紹介するので、ぜひチェックしてみてください。(参照:株式会社大修館書店「運動部別平均値表」)

運動部別平均身長(男子)

サッカー 硬式野球 バスケ バレー
1年 168.59cm 169.35cm 170.44cm 170.49cm
2年 172.10cm 170.83cm 171.87cm 172.10cm
3年 171.19cm 171.39cm 172.81cm 172.28cm
バドミントン 陸上(走) 陸上(跳) 陸上(投)
1年 167.75cm 168.26cm 170.65cm 170.90cm
2年 169.38cm 169.62cm 171.41cm 172.00cm
3年 170.01cm 170.31cm 172.18cm 172.01cm
水泳 剣道 柔道 テニス
1年 169.22cm 168.44cm 169.14cm 168.2cm
2年 170.04cm 169.75cm 170.41cm 169.72cm
3年 170.94cm 170.71cm 171.03cm 170.73cm

骨に縦方向の刺激を加えることができるバスケやバレー、陸上の跳ぶ競技が平均身長が高めになっています。

陸上の投げる競技(投てき)の平均身長が高めなのは、体が大きいほうが有利だからです。縦方向への刺激とは関係なく、競技の特性上平均身長が高い選手が多いと思われます。

前述した水泳ですが、「水泳は身長を伸ばすためにいい」という情報が存在する一方、そこまで他の部活と差がないことがわかりますね。

運動部別平均身長(女子)

バレー バスケ テニス ソフトボール
1年 159.05cm 158.66cm 157.41cm 157.55cm
2年 159.59cm 159.25cm 157.62cm 158.05cm
3年 159.89cm 159.54cm 157.88cm 158.44cm
創作ダンス 陸上(走) 陸上(跳) 陸上(投)
1年 157.14cm 157.92cm 159.91cm 159.64cm
2年 158.05cm 158.19cm 160.87cm 160.87cm
3年 158.44cm 158.36cm 161.18cm 160.19cm
水泳 新体操 なぎなた 柔道
1年 158.08cm 156.38cm 157.50cm 157.14cm
2年 158.54cm 158.01cm 157.44cm 157.54cm
3年 158.96cm 157.88cm 159.18cm 158.24cm

女子の部活の平均身長を見てみると、早めに成長期を終えてしまうせいか部活による大きな差はありませんでした。

意外なことに男子とは違って、バスケやバレーは160cmを超えず、陸上の跳ぶ競技(幅跳びや棒高跳び)、投げる競技(投てきやハンマー投げ)だけが160cmを超えていました。

高校生の平均体重は?男女別に解説!

体重計

平均身長だけでなく、平均体重も確認してお子さんと比較してみましょう。平均体重は身長に対してどれだけ痩せているか、そして太っているかと目安にします。

そのため平均体重より重くても身長があれば標準の体型なので問題ありません。まずは年齢別の平均体重を確認しましょう。

男子 女子
16歳 58.1kg 49.1kg
17歳 61.0kg 53.8kg
18歳 61.2kg 50.9kg

さらに詳しく月齢で比較してみましょう。まずは高校1年生の16歳から17歳にかけての平均体重です。

男の子(16歳)
年齢 標準体重(kg)
16歳 平均値 標準偏差
0ヶ月 60.5 10.5
1ヶ月 60.6 10.4
2ヶ月 60.7 10.4
3ヶ月 60.8 10.3
4ヶ月 61.0 10.2
5ヶ月 61.1 10.2
6ヶ月 61.2 10.1
7ヶ月 61.3 10.1
8ヶ月 61.4 10.2
9ヶ月 61.6 10.2
10ヶ月 61.7 10.2
11ヶ月 61.8 10.2
女の子(16歳)
年齢 標準体重(kg)
16歳 平均値 標準偏差
0ヶ月 52.6 8.0
1ヶ月 52.6 8.0
2ヶ月 52.7 8.0
3ヶ月 52.8 7.9
4ヶ月 52.9 7.9
5ヶ月 52.9 7.8
6ヶ月 53.0 7.8
7ヶ月 53.0 7.8
8ヶ月 53.0 7.8
9ヶ月 53.0 7.8
10ヶ月 53.0 7.8
11ヶ月 53.0 7.8

男の子(17歳)次に高校2年生の17歳から18歳にかけての平均体重です。

男の子(17歳)
年齢 標準体重(kg)
17歳 平均値 標準偏差
0ヶ月 61.9 10.2
1ヶ月 62.0 10.2
2ヶ月 62.1 10.3
3ヶ月 62.3 10.3
4ヶ月 62.4 10.3
5ヶ月 62.5 10.3
6ヶ月 62.6 10.3
7ヶ月
8ヶ月
9ヶ月
10ヶ月
11ヶ月
女の子(17歳)
年齢 標準体重(kg)
17歳 平均値 標準偏差
0ヶ月 53.1 7.9
1ヶ月 53.1 7.9
2ヶ月 53.1 7.9
3ヶ月 53.1 7.9
4ヶ月 53.1 7.9
5ヶ月 53.1 7.9
6ヶ月 53.1 7.9
7ヶ月
8ヶ月
9ヶ月
10ヶ月
11ヶ月

平均体重よりも重いか軽いかを気にするのではなく、太りすぎ(肥満)や痩せすぎに注意しましょう。太りすぎ(肥満)の場合は適度なダイエットをする必要も出てきます。

標準または痩せすぎの場合はダイエットをする必要はありません。

高校生のダイエットについて

最近の高校生は標準、痩せぎみでもダイエットをしようとする子が増えてきているのです。

高校生になると自分の体型を気にする意識が強まる傾向があります。特に女子はその意識が強く、標準または痩せぎみでもさらにスマートな体型になろうとしがちです。

運動をして健康的に痩せるのならまだしも、ダイエット方法も美容を意識した食事制限や、間違った食事方法を実践する子がいます。その結果、体調不良になる子供も少なくありません。

高校生のやせ願望に関する研究」の研究によると女の子は肥満度が±10%の標準体型であっても、太っていると過大評価する子が多く、「ダイエットはするべき」だと認めている子供が全体の約2割もいたと報告があります。

また、女子高生でダイエット経験があるかどうかの統計で、約60%の子供が経験していると答えたほどダイエットをする子が増えています。

何よりも怖いのがダイエットによる「摂食障害」です。摂食障害になると本人は治療に対して乗り気ではないので、改善するまでとても大変です。

重症度によって変わってきますが、患者の半数は回復に「5年以上」、そのうち2、3割の患者は「10年以上かかる」と言われています。最低でも5年以上は回復までかかるということです。

もちろん以前のように回復することができればいいですが、最悪の場合は接触障害によって悲しい事態に発展する可能性もあります。

実際に世界的に有名な「カーペンターズ」のヴォーカルとドラマーを務めた「カレン・アン・カーペンター」さんが摂食障害に苦しみ、32歳という若さで亡くなってしまいます。

カレンさんの死が世界中に衝撃を与え、それがきっかけで摂食障害という言葉が社会的に認知されるようになりました。

しかし残念ながら、標準&痩せ体型の子供ですら「痩せたい」という願望が強くなる社会になっています。

もし、お子さんが無理なダイエットをしているなら今すぐやめさせてください。そして手遅れになる前に、健康的で正しいダイエットをするように説得してあげてください。

要注意!成長期の『おすすめダイエット法』と『危険なダイエット法』

子供の肥満度を確認しましょう! ダイエットについて解説する前にお子さん……続きを読む

高校生の栄養摂取状況!どれだけ基準を満たせている?

食事をする女子高生と母親

痩せ願望が強くなる高校生ですが、どれだけ栄養を摂取しているのか確認してみましょう。

前提として、どれだけ栄養が高校生に必要かご存知でない方もたくさんいると思います。

そこでまずは厚生労働省が定める食事摂取基準を確認してみましょう。それから栄養摂取状況を説明します。

高校生の食事摂取基準(15歳~17歳男女別)

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)概要」をもとに書いています。

男子 女子
カロリー 2850kcal 2300kcal
たんぱく質 65g 55g
カルシウム 800mg 650mg
鉄分 9.5mg 7mg(月経あり10.5mg)

高校生の食事摂取基準(18歳~29歳男女別)

男子 女子
カロリー 2650kcal 1950kcal
たんぱく質 60g 50g
カルシウム 800mg 650mg
鉄分 7.5mg 6mg(月経あり10.5mg)

高校3年生の18歳になると29歳まで対象が広くなります。つまり、高校3年生になる頃には大人と摂取基準が同じになるのです。

お子さんの年齢に合った食事摂取基準を確認していただけたと思うので、次は実際に高校生がどれだけの栄養を摂取しているのかを確認しましょう。

高校生の栄養摂取状況

食事摂取基準と同様に厚生労働省が発表している「平成28年国民健康・栄養調査結果の概要」を参考に、どれだけ栄養を摂取できているか確認してみましょう。

男子 女子
カロリー 2425kcal 1773kcal
たんぱく質 85.7g 64.8g
カルシウム 508mg 426mg
鉄分 7.8mg 6.5mg
表は15歳~19歳の栄養調査となります。

食事摂取基準と比較するとわかるとおり「たんぱく質」以外が不足しています。たんぱく質は成長と健康のために欠かせない大切な栄養素なので、そこはセーフです。

とはいえ、たんぱく質だけ満たせていてもバランスが悪く、健康を維持するには不十分です。そのため不足している栄養素を積極的に摂らないといけません。

食事で栄養を満たすのが難しいならサプリメントで!

「栄養バランスを考えている暇がない…」「料理が苦手…」など、食事で栄養をすべて満たすのが難しい親御さんもいるでしょう。

お子さんによっては好き嫌いや偏食が多い場合もあるので、作った料理を全部食べ続けてくれるのは難しいかもしれません。

そんな場合は子供用サプリ(身長サプリ)を試してみるのがおすすめです。

身長サプリという名前から身長を伸ばすためのものと勘違いされがちですが、"身長サプリは成長に不足する栄養素を補うもの"です。

毎日子供の栄養面を気にして、栄養バランスを考えるのは大変ですよね。

もちろん、身長サプリだけに頼るのはいけません。基本は食事をベースにして、足りない栄養素は身長サプリを活用してサポートしてあげましょう。

身長サプリが並んだ画像

【専門家監修】身長サプリ徹底採点(2019)全評価を一挙公開!

早見表!身長サプリ評価順【上位10選】 ★★★★★ アスミール ……続きを読む

体は大人でも心は不安定…それが高校生!

基礎の看板前に立つ学生

心と体が大人になりはじめる中学生がお終わり16歳、17歳、18歳の高校生が始まります。体は中学生の急激に成長し大人に近づきますが、高校生になると徐々に心が大人になっていきます。

心の成長に伴い、社会性や社会的責任などについて細かく学ぶ時期です。

高校生になると心と体が大人になっていきますが、それでも社会的にはまだまだ駆け出しです。住む場所や食事などすべて親に頼って生きています。

それでも心は自立をしようとするため、心の中はとてもアンバランスな状態になっています。そのため高校生の心は非常に不安定な状態です。

不安定な時期が続くので当然ながらストレスも溜まりやすくなります。しかし、中学生のときに比べて大人になっているためストレスにはある程度耐性がついているので耐えられます。

それでも、ときには疲れや積み重なりでストレスに負けてしまうこともあるでしょう。ストレスに負けてしまうのが原因で非行や不登校につながることもあります。

また、ストレスは成長と勉強にも影響を与えてしまうのです。

ストレスが溜まることで成長ホルモンの分泌が止まり、無意識に大人になろうとします。大人になろうとするのはストレスに耐えるためなので悪いことではありません。

しかし過度なストレスは成長に悪影響を与えてしまう可能性が高いです。

他にも、ストレスによって疲れが取れにくくなり、集中力が低下します。その結果、勉強にも身が入らず成績も思うように結果が出ないなど、悪循環が繰り返されていくのです。

子供の様子をよく観察して、ボーっとしていることが増えたと感じたら、それはストレスが原因かもしれません。高校生といってもまだ子供です。嫌がらない程度にさりげなく話を聞いてあげることで、子供のストレスを解消してあげるのが大切です。

まとめ

高校生になると体だけではなく、心も大人になっていきます。しかし、実際には心の中は大人と子供のアンバランスさがあり、とてもストレスが溜まりやすい時期です。

ストレスが溜まってしまうと成長ホルモンの分泌を止めてしまいます。また、ストレスは疲れが取れにくくなり、集中力も落としてしまうのです。

結果、成長だけでなく、さまざまな面で悪影響を及ぼす可能性があります。

さらにストレスは摂食障害を引き起こす原因にもなります。高校生の女子は標準、痩せ体型であっても痩せたい願望が強いので、お子さんが女子の場合は過度なダイエットをしていないかどうか注意してあげましょう。

本当に痩せるべきなのか栄養摂取状況を確認してみると、足りているのはたんぱく質だけで、他の栄養素は不足していました。

栄養が不足している状態でダイエットをするのは成長どころか体に危険です。

不足している栄養をまとめて摂るのは難しいかもしれませんが、まずは食事の栄養バランスを整えるのから始めてみましょう。

それが難しい場合は高校生の栄養面に特化した身長サプリを試してみるのもアリです。

チェックリスト

年齢&時期別で選ぶ!おすすめ身長サプリ一覧【ランキング総まとめ】

年齢や時期別で飲むべき身長サプリは異なる お子さんの年齢によって飲むべ……続きを読む